Cmdlets for ServiceNow

Build 20.0.7654

InitiateOAuth Parameter (Connect-ServiceNow Cmdlet)

Set this property to initiate the process to obtain or refresh the OAuth access token when you connect.

Syntax

Connect-ServiceNow -InitiateOAuth string

Remarks

次のオプションが利用可能です。

  1. OFF:OAuth フローが完全にユーザーにより操作されることを示します。認証にはOAuth アクセストークンが必要です。
  2. GETANDREFRESH:OAuth フローが完全に本製品 により操作されることを示します。現在トークンが存在しない場合にはブラウザを通じてユーザーをプロンプトすることで取得されます。トークンが存在する場合には必要に応じてリフレッシュされます。
  3. REFRESH:本製品 がOAuthAccessToken のリフレッシュのみを操作することを示します。ユーザーは本製品 によりブラウザを通じて認証することをプロンプトされることはありません。OAuthAccessToken とOAuthRefreshToken の最初の取得はユーザーが行う必要があります。

The following options are available:

  1. OFF: Indicates that the OAuth flow will be handled entirely by the user. An OAuthAccessToken will be required to authenticate.
  2. GETANDREFRESH: Indicates that the entire OAuth Flow will be handled by the 本製品. If no token currently exists, it will be obtained by prompting the user via the browser. If a token exists, it will be refreshed when applicable.
  3. REFRESH: Indicates that the 本製品 will only handle refreshing the OAuthAccessToken. The user will never be prompted by the 本製品 to authenticate via the browser. The user must handle obtaining the OAuthAccessToken and OAuthRefreshToken initially.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654