httpUpload

Version 21.0.8222


httpUpload

Version 21.0.8222


Execute an HTTP post with multipart form data to upload files to Web servers compliant with RFC1867 (INPUT TYPE=FILE).

必要なパラメータ

  • url:The destination URL for the POST.
  • file:*:Path to a file to be uploaded.

オプションのパラメータ

  • timeout:オペレーションの完了の秒単位のタイムアウト。ゼロ(0)はタイムアウトなしを意味します。デフォルト値は60です。
  • proxy_server:The IP address or host name of the proxy server used for the request.
  • proxy_auto:Windows システム設定からプロキシが検出されるかどうか。これは他のプロキシ設定より優先され、Java では使用できません。TRUE またはFALSE が使用可能です。デフォルト値はFALSE です。
  • proxy_port:プロキシサーバーのポート番号。
  • proxy_user:プロキシサーバーに認証するためのユーザーId。
  • proxy_password:プロキシサーバーに認証するためのパスワード。
  • proxy_authscheme:プロキシサーバーの認証スキーム。BASIC、DIGEST、PROPRIETARY、None、またはNTLM が使用可能です。デフォルト値はBASIC です。
  • proxy_authtoken:プロキシ認証トークン。
  • proxy_ssltype:The SSL/TLS type of the proxy server. AUTO、ALWAYS、NEVER、またはTUNNEL が使用可能です。デフォルト値はAUTO です。
  • firewall_server:ファイアーウォールのIP アドレスとホスト名。
  • firewall_port:ファイアーウォールのポート番号。
  • firewall_user:ファイアーウォールに認証するためのユーザーId。
  • firewall_password:ファイアーウォールに認証するためのパスワード。
  • firewall_type:ファイアーウォールのタイプ。NONE、TUNNEL、SOCKS4、またはSOCKS5 が使用可能です。デフォルト値はNONE です。
  • kerberoskdc:Kerberos のKDC 設定で、authscheme がNegotiate の場合に使用可能。
  • kerberosrealm:Kerberos のRealm 設定で、auth スキームがNegotiate の場合に使用可能。
  • internalconfig#:内部コンフィギュレーション設定の設定。
  • charset:The charset of the exchanged/transferred data.デフォルト値はUTF-8 です。
  • httpversion:Version of the HTTP protocol to use.1.0 または1.1 が使用可能です。デフォルト値は1.1です。
  • cookie:*:Any cookies to add to the request.
  • followredirects:Whether or not to follow HTTP redirects. TRUE またはFALSE が使用可能です。デフォルト値はTRUE です。
  • sslcert:The SSL/TLS certificate to be accepted from the server. Any other certificate will be rejected. This can take the form of a full PEM certificate, the path to a file containing the certificate, the public key, the MD5 thumbprint, or the SHA-1 thumbprint.これを指定しない場合は、任意の有効な証明書が受け入れられます。The default value is ‘TRUSTED’.
  • sslclientcert:クライアント証明書のための証明書ストア名。
  • sslclientcerttype:The store type of the client certificate. The allowed values are ‘USER, MACHINE, PFXFILE, PFXBLOB, JKSFILE, JKSBLOB, PEMKEY_FILE, PEMKEY_BLOB, PUBLIC_KEY_FILE, PUBLIC_KEY_BLOB, SSHPUBLIC_KEY_BLOB, P7BFILE, P7BBLOB, SSHPUBLIC_KEY_FILE, PPKFILE, PPKBLOB, XMLFILE, XMLBLOB’.
  • sslclientcertpassword:The password of the client certificate.
  • sslclientcertsubject:The subject of the client certificate. Using an asterisk will find the first certificate in the store.
  • user:The username to authenticate with if the authscheme parameter is set to something other than None.
  • password:The password to authenticate with if the authscheme parameter is set to something other than None.
  • authscheme:The authorization mechanism to use.ユーザーとパスワードが提供された場合のみ適用されます。Valid values are BASIC, DIGEST, and NTLM.デフォルトは、”Basic” です。BASIC、DIGEST、NTLM が使用可能です。デフォルト値はBASIC です。
  • version:OAuth のバージョン。Use OAuth to authorize the request. Default is Disabled. Disabled、1.0、または2.0の値が使用可能です。デフォルト値はDisabled です。
  • token:The request token for OAuth.
  • token_secret:The request token secret. OAuth 1.0 でのみ利用可能です。
  • sign_method:OAuth 1.0 で署名を計算する際の署名メソッド。HMAC-SHA1 またはPLAINTEXT が使用可能です。デフォルト値はHMAC-SHA1 です。
  • client_id:クライアントId。OAuth 1.0 のみ。
  • client_secret:クライアントシークレット。OAuth 1.0 でのみ利用可能です。
  • header:name#:The name for each custom header to pass with the request.
  • header:value#:The value for each custom header to pass with the request.
  • form:*:Form input variable data to include in the POST.

Output Attributes

  • ssl:issuer:The issuer of the SSL/TLS certificate.
  • ssl:subject:The subject of the SSL/TLS certificate.
  • http:statuscode:The HTTP status code returned from the request.
  • http:content:The content of the HTTP response.
  • cookie:*:The cookies returned with the response.
  • http:allcookies:All of the cookies from the response, returned as a single string.
  • header:*:The headers returned with the response.