日付フォーマッタ

Version 21.0.8222


日付フォーマッタ


Common Date Formatters

The following formatters are the most common date formatters. An example for each formatter is provided for reference.

Additional examples of date format syntax is provided in the Sample Date Formats section.

now([outputformat])

Returns the current system datetime according to the specified outputformat (default format is: yyyy-MM-dd’T’hh:mm:sszzzz).

This formatter is unusual in that it does not modify the input attribute (variable), so no such input attribute is required.

Example

<arc:set attr="timestamp" value="[now()]" />

todate([outputformat][, inputformat])

Formats the input attribute as a date in the format specified by outputformat (default output format is: yyyy-MM-dd’T’hh:mm:sszzzz). For examples of date formats and how they are expressed, please see the Sample Date Formats section.

The formatter will attempt to auto-detect the format of the input value, but the inputformat parameter can be specified if the formatter is otherwise unable to determine the datetime format of the input attribute.

Example

<arc:set attr="simpleDate" value="01-30-2020" />
<arc:set attr="reformattedDate" value="[simpleDate | todate('yyyyMMdd', 'dd-MM-yyyy')]" />

dateadd(intervaltype, value[, outputformat][, inputformat])

Adds a specified amount of time to the input date and returns the result. The intervaltype parameter specifies the unit of time to add (e.g. ‘year’, ‘month’, ‘day’, ‘hour’, ‘minute’, ‘second’, ‘millisecond’) and the value parameter specifies how many of these units to add.

The formatter will attempt to auto-detect the format of the input value, but the inputformat parameter can be specified if the formatter is otherwise unable to determine the datetime format of the input attribute. The result will be returned in the format specified by outputformat (default output format is: yyyy-MM-dd’T’hh:mm:sszzzz).

Example

<arc:set attr="shipdate" value="2020-03-15" />
<arc:set attr="estmArrivalDate" value="[shipdate | dateadd('day', 2)]" />

More Date Formatters

Below is the list of less-common formatters not included in the previous section.

compare([value][, inputformat])

属性値とパラメータ値によって表される日付の相対値を示す符号付き数値を返します。

  • value:属性値と比較される日付の文字列表現(オプション)。デフォルトはnow です。
  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

date([outputformat])

Note:This formatter is an alias for the now() formatter described in the previous section.

現在のシステム日時を、パラメータで指定されている場合は、指定された形式で返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

datediff([interval][, value][, inputformat])

現在と2つ目のパラメータで指定した日付との差を(1つ目のパラメータで指定した単位で)返します。

  • interval:結果を表示する間隔(オプション)。day、hour、minute、second、またはmillisecond を指定します。
  • value:属性値と比較する日付の文字列表現(オプション)。デフォルトはnow です。
  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

day([inputformat])

属性値で表される日付の、1から31までの値で表される日の部分を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

dayofweek([inputformat])

属性値で表される日付の曜日を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

dayofyear([inputformat])

属性値で表される日付の、1から366までの値で表される年日を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

filetimenow()

現在のシステムファイルの時刻の日時を返します。

fromfiletime([outputformat])

有効なファイル時刻を、パラメーターが指定されている場合は、パラメーターで指定された形式の有効な日時値に変換します。

  • outputformat:出力フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

isleap([ifleap][, ifnotleap])

属性値で表される4桁の年がうるう年であればtrue(またはifleap)、それ以外の場合はfalse(またはifnotleap)を返します。

  • ifleap:属性値がうるう年の場合に返される値(オプション)。
  • ifnotleap:属性値がうるう年でない場合に返される値(オプション)。

month([inputformat])

属性値で表される日付の、1から12までの値で表される月の部分を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

tofiletime([inputformat])

有効な日時を有効なファイル時刻値に変換します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

toutc([outputformat][, inputformat])

属性値で指定された日付をUTC に変換し、outputformat パラメータが指定されている場合はそれに合わせてフォーマットして返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

utcnow([outputformat])

現在のシステムのUTC 日時を返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

weekday([inputformat])

曜日を、月曜日が0、日曜日が6の整数値で返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

year([inputformat])

属性値で表される日付の年部分を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

サンプル日付フォーマット

This section contains sample date format strings as reference.

2019年7月25日、東部標準時間帯(UTC-5)の午前0時から8時間14分22秒5ミリ秒の時点。

  • MM-dd-yy | 07-25-19
  • MM/dd/yyyy HH:mm | 07/25/2019 08:14
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss | 2019-07-25T08:14:22
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss.SSS (Java) | 2019-07-25T08:14:22.005
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss.fff (Windows) | 2019-07-25T08:14:22.005
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss ZZ | 2019-07-25T08:14:22 -5
  • ddd, dd MMM yyyy HH:mm:ss zzz | Thu, 25 Jul 2019 08:14:22 EST

Date Formats With Literal Characters (e.g. ‘T’)

When specifying a datetime format that includes literal characters (e.g. a ‘T’ separating the date and the time), the full format string needs to be surrounded in double quotes to indicate that literal characters should be resolved.

例:

[_ | now("yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss")]