arc:enum

Version 20.0.7396


arc:enum

Version 20.0.7396


arc:enum キーワードは、アイテム内のアトリビュート、制限のないリスト、与えられた値の範囲、および複数の値を持つアトリビュートの値を列挙することに使われます。arc:enum のボディは、反復されるセットのエレメントごとに実行されます。

パラメータ

  • item:反復するアトリビュートのアイテム名。
  • attr:どのアトリビュートが反復されるかを指定する、マッチするエクスプレッション。例えば、”arc:*” です。複数の値を持つアトリビュートの値を反復するパラメータを提供することもできます。
  • prefix:その上にアイテムが列挙される接頭辞。
  • expand:複数の値を持つアトリビュートが検出された場合に、どのようにarc:enum が挙動するかを指定するboolean 値。expand がtrue に設定されている場合、arc:enum のボディはアトリビュートのそれぞれの値につき一度づつ実行されます。false の場合、すべての値は、1つの文字列値として結合され、一度の反復のみが実行されます。デフォルトで、arc:enum はすべての値をexpand しません。
  • sep[arator]:セパレータは、expand パラメータがfalse の場合、複数の値を持つアトリビュートの値を結合させるために使われます。追加で、セパレータはlistseparator が定義されていないリストの値をトークンとすることに使われます。デフォルト値は、new-line charactor “\n” です。
  • list:列挙される区切られた値のリスト。例えば、値のリストが”violet, indigo, blue, green, yellow, orange, red” で、セパレータが’,’ の場合、arc:enum のスコープは虹のそれぞれの色ごとに実行されます。
  • range:昇順、降順で列挙される数字もしくは文字のレンジは、例えば、”a..z”、”Z..A” です。
  • recurse:ネストされたアトリビュートを列挙されるかどうか。デフォルトはtrue です。

Note:アトリビュートのレンジ、もしくはアイテムアトリビュートを指定できますが、両方同時にはできません。さらに、アトリビュートは、アルファベット順で列挙されます。

アトリビュートの制御

  • _attr:反復されるアトリビュートの名前。複数の値を持つアトリビュートの値を反復している場合、アトリビュート名は、名前の一部としてindex を持つ以外はアトリビュート名は同じです。Index は、ハッシュ記号(#)で名前と区別されます。例えば、name#1、name#2、etc.
  • _index:アイテム内でアトリビュートが出現するindex、もしくはリストエレメントが現在列挙されている位置。
  • _value:反復されるアトリビュートの値。複数の値を持つアトリビュートでは、expand およびセパレータパラメータ設定は、_value が1つのアトリビュート値の参照なのか、すべてのアトリビュート値の参照なのかを決定します。
  • _count:アトリビュート内またはリスト内の値の数。
  • _separator:リスト内の値を区切るセパレータ。

アトリビュート名、および”input” と名付けられたアイテムのアトリビュート値を表示します:

<arc:set item="input" attr="Greeting" value="Hello" />
<arc:set item="input" attr="Goodbye" value="See ya" />
<arc:enum item="input">
  [_attr] is [_value]
  <br/>
</arc:enum> 
goodbye is See ya greeting is Hello

値のリストを列挙するには、arc:enum のリストおよびセパレータパラメータを使います。例えば、次のコードはcolors アトリビュートで指定された色をリストします:

<arc:set attr="colors" value="violet, indigo, blue, green, yellow, orange, red"/>
<arc:enum list="[colors]" separator=",">
  [_value] 
</arc:enum>

値のレンジを列挙するには、レンジアトリビュートを使います。例えば、次のコードはa からz の文字セット、および1 から25 の数字をリストします:

<arc:enum range="a..z">
  [_value] 
</arc:enum>
<arc:enum range="Z..A">
  [_value] 
</arc:enum>
<arc:enum range="1..25">
  [_value] 
</arc:enum>

複数の値を持つアトリビュートの値すべてを列挙するには、複数の値を持つアトリビュートを指定するためにattr アーギュメントを使い、expand をtrue に設定します:

<arc:set attr="foo.email#1" value="joe@mycompany.com"/>
<arc:set attr="foo.email#2" value="john@mycompany.com"/>
<arc:enum attr="foo.email" expand="true">
    ([_index]) [_attr] -> [_value]
</arc:enum>

上記の例は次のアウトプットになります:

(1) email#1 -> joe@mycompany.com (2) email#2 -> john@mycompany.com

関連項目