変換


変換


概要

変換はソースから生データを取得して、整形、加工を行い、データパイプラインを実行する際のお客様のニーズを満たす形式にデータを整理します。変換では必要なデータの形式を決めることができ、必要なデータだけを必要な形式で取得できます。

変換のオプション

CData Sync では2種類の変換を利用できます。

  • ETL(In-Flight)変換: ETL(Extract(抽出)、Transform(変換)、Load(ロード))変換は、データを抽出して、同期先に移動する前に”in-flight”(処理の途中で)変換する変換方法です。

  • ELT(Post-Job)変換: ELT(Extract(抽出)、Load(ロード)、Transform(変換))変換は、変換が始まる前にデータをすべて同期先に移動する変換方法です。

ELT およびETL は、どちらも同じ3つの手順で実行されます。

  • 抽出: 生データをソースのシステムから抽出。ETL 変換では、データをその後ステージングエリアに移動します。
  • 変換: データを整形してマッピング。
  • 格納: データをターゲットシステムにコピー。 多少の違いはあるもの、手順は2つの処理の間でほとんど同じです。ただし、手順が実行される順序は異なります。