概要

CData Sync Web アプリケーションは、任意のWindows ベースまたはJava ベースのWeb サーバーでホストできます。Windows 版とJava 版には、アプリケーションを実行するもっとも簡単な方法であるスタンドアロンサーバーも含まれています。

Sync は手早く、簡単に始めることができます。このガイドの目的は、インストールとセットアップ、そしてソフトウェアを使い始めるのに必要な導入時の手順を説明することです。このページの手順に従えば、ほんの数分でSync を使い始めることができます。

インストールとセットアップ

CData Sync をインストールしてセットアップするには、次の手順を完了してください。

まず、https://www.cdata.co.jp/sync/download/ に移動して、最新のリリースをダウンロードしてください。

その際、ライセンス契約書を読んで同意すること、インストールディレクトリを選択すること、インストールするコンポーネントを選択することを求められます。

選択した設定に問題がなければ、[インストール]をクリックしてインストールを開始してください。インストールが完了したら、CData Sync を使い始めることができます。はじめに次の説明を参照してください。

サーバーの起動

Windows 版

組み込みWeb サーバーを起動するには、Windows のスタートメニューから[Start CData Sync Server]を開くか、インストールディレクトリのCData.Sync.exe をダブルクリックしてください。その後はシステムトレイのCData Sync アイコンをダブルクリックするか、Windows のスタートメニューから[Start CData Sync Server]をクリックすることでアプリケーションを使用できます。

この操作でブラウザが立ち上がり、ログイン画面が開きます。Note:Sync を初めて実行する際には、最初のアプリケーションユーザーを作成するよう求められます。

SSL の設定と高度な設定についての情報は、組み込みサーバーを参照してください。

CData Sync をIIS でホストするには、IIS での設定を参照してください。

Java 版

Java 版はJetty 上に構築されたWeb サーバーにバンドルされています。Jetty サーバーはインストールディレクトリにあるsync.jar を実行することで起動できます。例えば、java -jar sync.jar です。その後ブラウザを開いてアプリケーションが実行されているポートに移動します。

デフォルトでは、ポートは8181です。ブラウザにhttp://localhost:8181/ と入力してログイン画面にアクセスできます。Note:Sync を初めて起動する際には、最初のアプリケーションユーザーを作成するよう求められます。

いくつかの主要なJava Web サーバーのデプロイについてのステップバイステップのガイドは、Java 版を参照してください。

お問い合わせ

ご意見ご質問がございましたら、ぜひお聞かせください。E メールはこちらに送信をお願いします。