サーバーレスポンス


サーバーレスポンス


HTTP レスポンスのステータスは、通常HTTP ステータスコードによってサマライズできます。ここにリストされているのは、CData Sync が送信できるHTTP ステータスコード、およびこれらのステータスコードが予想されるタイミングです。

可能なステータスコード

HTTP ステータスコード 説明
200 OK リクエストはエラーなしでサーバーにより処理されました。
201 Created リクエストは成功し、指定されたものがサーバーによって作成されました。
204 No Content リクエストされたリソースがnull 値もしくは、サービスがreturn=minimal preference が適用される場合、リクエストはこのステータスを返します。
400 Bad Request リクエストは受付できないか、必要なパラメータを満たしていません。
401 Unauthorized このユーザーは認証されていないか、このリソースへのアクセスが承認されていません。
403 Forbidden このリソースへのアクセスが拒否されました。
404 Not Found リソースが存在しません。
405 Method Not Allowed 指定されたHTTP メソッドはこのリソースでは許可されていません。
429 Too Many Requests ユーザーが指定した時間内に送信したリクエストが多すぎるか、同時リクエストの最大数を超えました。
501 Not Implemented サーバーは、リクエストを充足する機能をサポートしていません。このレスポンスは、サーバーがリクエストメソッドを認識しないときで、存在するリソースではサポートすることができない場合に返されます。