ジョブのスケジューリング


ジョブのスケジューリング


CData Sync にはスケジューラが組み込まれており、ジョブの実行頻度を制御できます。ジョブの[スケジュール] タブで、[スケジューラーを有効にする] を選択し、[ジョブ実行] 間隔を選択して、ジョブが自動的に実行されるように設定します。ジョブの実行をスケジュールするための各種オプションを以下に示します。

ジョブ実行間隔の設定

以下のいずれかの時間間隔で更新が実行されるように設定できます。

  • Minute - 10分、15分、20分、または30分ごとに選択
  • Hourly - 毎時何分を選択
  • Daily - 特定の時刻を選択
  • Weekly - 特定の曜日と時刻を選択
  • Monthly - 特定の日付と時刻を選択
  • Advanced - Cron ステートメントを入力

Unix Cron 構文の使用

cron 構文は、UNIX システムで使用される時間ベースのジョブスケジューラです。この構文を使用すると、ジョブが特定の時刻または間隔で実行されるようにスケジュールできます。この構文では、以下の値がサポートされます。

フィールド名 許容値 特殊文字をサポート
0-59 * , - /
0-23 * , - /
1-31 * , - ? / l w
1-12 or jan-dec * , - /
曜日 1-7 or sun-sat * , - ? / l #

特殊文字は、以下の意味を表します。

文字 意味
* 指定されたフィールドで使用できるすべての値。例えば、[分]フィールドでこの文字が指定された場合は、分単位でスケジューラが実行されます。
, フィールド内で複数の値を指定する場合に使用されます。
- フィールド内で値の範囲を指定する場合に使用されます。
/ フィールドの増分値を定義する場合に使用されます。例えば、[分]フィールドの”3/15” の値は、その時間の3分後に開始され、15分ごとにタスクが実行されます。
? 未使用フィールドをマークします。
l フィールドの最後の日。月の最後の日または週の最後の日を表します。
w 指定された日に最も近い週日。例えば、[日]フィールドで”1w” と指定されている場合は、その月の1日に最も近い週日を表します。
# [曜日]フィールドで、その月のn 週目の曜日を表す場合に使用されます。例えば、”2#3” は、その月の3週目の月曜日にタスクが実行されます。

いくつか設定例を示します。

Cron 式 意味
* * * * * 毎分実行されます。
*/20 * * * * 20分ごとに実行されます。
0-30/5 * * * * 毎時の最初の30分間、5分ごとに実行されます。
0 23 ? * mon-fri 毎週平日の夜11時に実行されます。
2-59/3 1,9,22 11-26 1-6 * 1月から6月までの各月の11日から26日まで、午前1時、午前9時、および午後10時の2分後から3分ごとに実行されます。