ファイルフォーマッタ


ファイルフォーマッタ


概要

以下は、ディスク上のファイルやフォルダと関わるフォーマッタのリストです。すべてのフォーマッタの構文は同じです。属性(変数)は(垂直パイプ文字を使用して)左から右にフォーマッタに”パイプ”されます。例:

[attr | formatter1() | formatter2()]

ファイルフォーマッタにパイプされる属性は、常にファイルやディレクトリへのディスク上のパスでなければなりません。例えば、属性’myFile’ をファイルパスに設定すると、以下はそのファイルパスからファイルの拡張子を返します。

[myFile | fileext()]


directory()

フォルダパスで指定されたディレクトリの名前を返します。

direxists([ifexist][, ifnotexist])

このフォーマッタは、指定されたパスにフォルダが存在する場合はtrue(または_ifexist_ として渡される値)を返し、それ以外の場合はfalse(または_ifnotexist_ として渡される値)を返します。

  • ifexist:ディレクトリが存在する場合に返される値(オプション)。
  • ifnotexist:ディレクトリが存在しない場合に返される値(オプション)。

filectime()

指定されたファイルの作成時刻を返します。

fileexists([ifexist][, ifnotexist])

このフォーマッタは、指定されたパスにファイルが存在する場合はtrue(または_ifexist_ として渡される値)を返し、それ以外の場合はfalse(または_ifnotexist_ として渡される値)を返します。

  • ifexist:ファイルが存在する場合に返される値(オプション)。
  • ifnotexist:ファイルが存在しない場合に返される値(オプション)。

fileext()

指定されたファイルのファイル拡張子を返します。

filemtime()

指定されたファイルの最終更新時刻を返します。

filename()

指定されたファイルのファイル名を返します。

filesize()

指定されたファイルのファイルサイズを返します。

fullpath()

指定されたファイルまたはフォルダの絶対パスを返します。

getcwd()

現在の作業ディレクトリを返します。このフォーマッタに渡される属性は無視されるため、デフォルトアイテム’_’ をインプットとして使用するのが一般的です。例:[_ | getcwd()]

getdirname()

指定されたパスのディレクトリ名を返します。

getfilectime()

指定されたファイルの作成時刻を返します。

getfileext()

指定されたファイルのファイル拡張子を返します。

getfilemtime()

指定されたファイルの最終更新時刻を返します。

getfilename()

指定されたパスのファイル名を返します。

getfilesize()

指定されたファイルのファイルサイズを返します。

getfullpath()

指定されたパスの絶対パスを返します。

getrootpath()

指定されたパスのルートディレクトリを返します。

ischild(path[, ifchild][, ifnotchild])

path パラメータが属性値で表されるパスの子である場合はtrue(またはifchild)を返し、それ以外の場合はfalse(またはifnotchild)を返します。

  • path:属性値で表されるパスと比較するパス。
  • ifchild:パラメータの値が属性値で表されるパスの子である場合に返される値(オプション)。
  • ifnotchild:パラメータの値が属性値で表されるパスの子ではない場合に返される値(オプション)。

pathcombine(path)

2つのパス文字列を組み合わせます。

  • path:属性値で表されるパスと組み合わせるパス。

rootpath()

指定されたパスのルートディレクトリを返します。

tofilename()

属性値を有効なファイル名に変換します。無効な文字をアンダースコア(_)に置き換えます。