日付フォーマッタ


日付フォーマッタ


以下は、日付/時刻を操作するフォーマッタのリストです。すべてのフォーマッタの構文は同じです。属性(変数)は(垂直パイプ文字を使用して)左から右にフォーマッタに”パイプ”されます。例:

[attr | formatter1() | formatter2()]

ファイルフォーマッタにパイプされる属性は、常に日付/時刻の文字列でなければなりません。例えば、属性’myDate’ を’YYYY-MM-dd’ 形式の日付/時刻に設定すると、以下はその日付の日を表す値を返します。

[myDate | day('YYYY-MM-dd')]

多くの日付フォーマッタは、日付の入力形式または出力形式を指定するパラメータを持っています。リストの下部に、参考としてサンプル日付フォーマット のリストがあります。


compare([value][, inputformat])

属性値とパラメータ値によって表される日付の相対値を示す符号付き数値を返します。

  • value:属性値と比較される日付の文字列表現(オプション)。デフォルトはnow です。
  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

date([outputformat])

現在のシステム日時を、パラメータで指定されている場合は、指定された形式で返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

dateadd([interval][, integer_value][, outputformat][, inputformat])

日付の指定されたdate 部分に、指定されたnumber 間隔(符号付き整数)を加算したdatetime の文字列値を返します。

  • interval:追加する間隔(オプション)。year、month、day、hour、minute、second、またはmillisecond を指定します。
  • value:追加する間隔の数(オプション)。将来の日付に正、または過去の日付に負のどちらでも構いません。
  • outputformat:出力フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。
  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

datediff([interval][, value][, inputformat])

現在と2つ目のパラメータで指定した日付との差を(1つ目のパラメータで指定した単位で)返します。

  • interval:結果を表示する間隔(オプション)。day、hour、minute、second、またはmillisecond を指定します。
  • value:属性値と比較する日付の文字列表現(オプション)。デフォルトはnow です。
  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

day([inputformat])

属性値で表される日付の、1から31までの値で表される日の部分を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

dayofweek([inputformat])

属性値で表される日付の曜日を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

dayofyear([inputformat])

属性値で表される日付の、1から366までの値で表される年日を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

filetimenow()

現在のシステムファイルの時刻の日時を返します。

fromfiletime([outputformat])

有効なファイル時刻を、パラメーターが指定されている場合は、パラメーターで指定された形式の有効な日時値に変換します。

  • outputformat:出力フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

isleap([ifleap][, ifnotleap])

属性値で表される4桁の年がうるう年であればtrue(またはifleap)、それ以外の場合はfalse(またはifnotleap)を返します。

  • ifleap:属性値がうるう年の場合に返される値(オプション)。
  • ifnotleap:属性値がうるう年でない場合に返される値(オプション)。

month([inputformat])

属性値で表される日付の、1から12までの値で表される月の部分を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

now([outputformat])

現在のシステム日時を、パラメータで指定されている場合は、指定された形式で返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

todate([outputformat][,inputformat])

パラメータが指定されている場合は、パラメータで指定された形式の属性値で指定された日付を返します。

  • outputformat:出力フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。
  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。フォーマッタは日付属性をパースするときに入力フォーマットを尊重しようとしますが、入力属性が指定された入力フォーマットと一致しない場合、フォーマッタは既知の(標準)日付形式を使用して入力属性をパースしようとします。エラーが発生するのは、入力属性が指定された入力形式と既知の日付形式に一致しない場合のみです。

tofiletime([inputformat])

有効な日時を有効なファイル時刻値に変換します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

tomonth()

属性値で指定された数値の月の名前を返します。

toutc([outputformat][, inputformat])

属性値で指定された日付をUTC に変換し、outputformat パラメータが指定されている場合はそれに合わせてフォーマットして返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

utcnow([outputformat])

現在のシステムのUTC 日時を返します。

  • outputformat:フォーマット指定子(オプション)。有効な指定子は、d(短い形式の日)、D(長い形式の日)、f(長い形式の日/短い形式の時間 )、F(長い形式の日/時間)、g(標準の短い形式の日/時)、G(標準の短い形式の日/長い形式の時間)、r またはR (RFC1123 形式)、s(ソート可能な形式の日/時)、t(短い形式の時間)、T(長い形式の時間)、file(Windows ファイル時間)、MM/dd/yy などです。

weekday([inputformat])

曜日を、月曜日が0、日曜日が6の整数値で返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

year([inputformat])

属性値で表される日付の年部分を返します。

  • inputformat:入力フォーマット指定子(オプション)。デフォルトは自動検出されます。

サンプル日付フォーマット

以下は、サンプルの日付フォーマット文字列の一覧で、このフォーマットが次の日付/時刻をどのようにレンダリングするかを示します:

2019年7月25日、東部標準時間帯(UTC-5)の午前0時から8時間14分22秒5ミリ秒の時点。

  • MM-dd-yy | 07-25-19
  • MM/dd/yyyy HH:mm | 07/25/2019 08:14
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss | 2019-07-25T08:14:22
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss.SSS (Java) | 2019-07-25T08:14:22.005
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss.fff (Windows) | 2019-07-25T08:14:22.005
  • yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss ZZ | 2019-07-25T08:14:22 -5
  • ddd, dd MMM yyyy HH:mm:ss zzz | Thu, 25 Jul 2019 08:14:22 EST