認証


認証


CData Sync に直接ログインできるユーザーと同じリストが、Sync API アクセスの管理にも使用されます。アプリケーション内で作成されたすべてのユーザーは、Sync API に認証するために使用する認証トークンを付与されます。認証されたユーザーと認証トークンの一覧は、管理コンソールの[設定]ページの[ユーザー]タブにあります。

認証トークンはAPI リクエスト内でさまざまな使い方ができます。

  • 値を適切なユーザーの認証トークンに設定したx-cdata-authtoken ヘッダーを、HTTPリクエストに追加する。
  • ユーザーおよび認証トークンを、HTTP Basic 認証のユーザー名 / パスワードの組み合わせとして使用する。
  • リクエストURL に、認証トークンをクエリパラメータとして追加する。

リクエストURL に認証トークンを追加するには、Allow Authtoken in URL 設定を有効にする必要があります。この設定は、[管理API]タブの信頼されたIP アドレス一覧の下にあります。これを有効化すると、認証トークンクエリパラメータの構文は次のようになります:’@authtoken=myAuthTokenValue’。