はじめに


はじめに


CData Sync

CData Sync を使用すると、サポートされている200 を超えるデータソースからお好みの同期先にデータを移動できます。CData Sync は、リレーショナルデータベース(SQL Server、Oracle、PostgreSQL、etc.)、クラウドデータウェアハウス(Amazon Redshift、Snowflake、Google Big Query、etc.)、および他のビッグデータシステム(Amazon S3、Azure Data Lake、Kafka、etc.)へのデータ移動をサポートします。

CData Sync では、Sync 管理コンソールを使用して、スケジュールおよびモニタ可能なデータフロージョブを構成できます。データフロージョブは、単純なフローにすることも、データを同期先に移動する前に変更する変換、関数、フィルタリングなどを組み込むこともできます。

CData Sync がサポートする200以上のデータソースのうち、多くが差分更新をサポートしています。スケジュールされた各ジョブの実行は、前回の実行以降のソースの変更を検出し、それに応じて同期先を更新します。これにより、毎回すべてを複製すると莫大なコストがかかる場合に、非常に大きなデータセットの同期を維持できます。差分更新をサポートするデータソースは、アプリケーションでそのようにマークされています。

主要機能

主要データウェアハウスへのレプリケート: SQL Server、PostgreSQL、Snowflake、Amazon など人気のデータベースをサポートします。

差分更新: チェンジセットのみを取得して通信量を抑え、スピーディな同期を実現します。

ポイント&クリックによる設定:シンプルなジョブスケジューリングとデータ変換で管理も簡単。

ログとトランザクションモニタリング:データベースおよびデータソースへの変更をモニタします。

標準的なエンタープライズクラスのセキュリティ機能:クライアント-サーバー間通信をTLS/SSL で暗号化。

REST API とイベント:REST API とイベントにより外部アプリケーションとの統合を実現します。

オンプレミスまたはクラウドでのホスト:CData Sync は、軽量のASP.NET Web アプリケーションとJava Web アプリケーションとして利用でき、どちらもスタンドアロンの組み込みサーバーにパッケージ化されているため、お好みのプラットフォームで簡単にホストできます。CData Sync はAWS Marketplace でもご利用いただけます。

クイックスタート

CData Sync は、ブラウザを介して利用できる管理インターフェースを備えたWeb アプリケーションです。3つの簡単な手順で開始できます。

  1. サーバーを起動
  2. 接続を作成
  3. ジョブを設定

お問い合わせ

ご意見ご質問がございましたら、ぜひお聞かせください。E メールはこちら に送信をお願いします。