AWS AMI 版


AWS AMI 版


CData Sync Amazon Machine Instance (AMI) は、CData Sync が事前設定されたLinux ベースのインスタンスですぐに使用可能であり、追加の設定はほとんど必要ありません。このAMI はAWS Marketplace にCData Sync として登録されています。

CData Sync インスタンスを起動

  1. AMI にサブスクライブして、規約に同意します。サブスクライブすると、CData Sync の新しいインスタンスを設定できます。
  2. インスタンスを設定します。
    • インスタンスの種類を選択してください。詳しくは、CData Sync のライセンスページ を参照してください。
    • セキュリティグループを設定してください。CData Sync はデフォルトのHTTPS ポート(443)で動作します。CData Sync にアクセスするIP アドレスがこのポートに接続できることを確認してください。
    • 新しいキーペアを作成するか、既存のものを選択してください。pem ファイルはSSH でインスタンスにアクセスする際使用するので、保存しておいてください。
  3. [Launch] ボタンを押してEC2 インスタンスを作成し、CData Sync を起動します。

CData Sync へブラウザからアクセス

インスタンスが起動すると、EC2 のマネジメントコンソールに表示されます。このURL から、ブラウザ上でCData Sync にアクセスできます。

https://<インスタンスのパブリックDNS>

ログイン用のデフォルトユーザー名は”admin” で、パスワードはインスタンスがランダムに生成したインスタンスID です。

これで、クイックスタートガイド セクションを参考に接続を作成し、ジョブを管理することができます。

インスタンスをカスタマイズ

CData Sync AMI は作成後、追加設定なしで動作します。ただし、上級ユーザーはCData Sync を思いどおりにカスタマイズできます。

インスタンスにSSH 接続

サービスの高度な設定をする際に、EC2 インスタンスへのSSH 接続が役立つ場合があります。CData Sync AMI は通常のCentOS 7 VM 上に構築されており、メインユーザーは”centos” です。インスタンスを起動した際に選択したキーペアを使用して、このマシンにSSH 接続することができます。

ssh -i 自身のキーペア.pem centos@<インスタンスのパブリックDNS>

CData Sync サービスを制御

CData Sync は”Jetty” 上で動作しています。インスタンスに接続後systemctl を使用して、事前設定されたJetty サービスを管理できます。

sudo systemctl restart jetty
sudo systemctl stop jetty
sudo systemctl start jetty

Sync アプリケーションに変更を加える前に、サービスを停止させることを推奨します。

ユーザー認証情報を変更

管理者ユーザーは/opt/sync/etc ディレクトリ内の”cdata.realm” ファイルで定義されています。このファイルの各行で、以下の構文に従ってユーザーが定義されています。

ユーザー名:パスワード[ロール]

新しいユーザーを定義するには行を追加し、デフォルトのログイン認証情報を変更する場合は既存の行を変更してください。

変更の完了後、jetty を再起動してください。

新しいコネクタを追加

新しいコネクタは接続 ページに記載された手順を実行することで追加できます。ただし、以下の手順でインスタンスのコネクタを手動で更新、または追加する必要があるかもしれません。

  1. AMI にSSH 接続する。
    ssh -i ./path/to/my_key_pair.pem centos@<インスタンスのパブリックDNS>
    
  2. jetty サービスを停止する。
    sudo systemctl stop jetty
    
  3. 新しいコマンドプロンプトを開き、コネクタをインスタンスにコピーする。
    scp -i ./path/to/my_key_pair.pem ./path/to/cdata.jdbc.<プロバイダ名>.jar centos@<インスタンスのパブリックDNS>:/home/centos/cdata.jdbc.<プロバイダ名>.jar
    
  4. 先程のコマンドプロンプトに戻り、webapps フォルダにコピーする。
    sudo cp ./home/centos/cdata.jdbc.<プロバイダ名>.jar /home/jetty/cdata/sync/libs/cdata.jdbc.<プロバイダ名>.jar
    
  5. jetty サービスを開始する。
    sudo systemctl start jetty
    

最新バージョンのSync をインストール

インスタンスにより新しいバージョンのSync を追加するには、最新のJava 版をCData Web サイト からダウンロードして、ファイルを展開してください。以下の手順でsync.war ファイルをEC2 インスタンスにコピーする必要があります。

  1. AMI にSSH 接続する。
    ssh -i ./path/to/my_key_pair.pem centos@<インスタンスのパブリックDNS>
    
  2. jetty サービスを停止する。
    sudo systemctl stop jetty
    
  3. 既存のsync.war を削除する。
    sudo rm /opt/sync/webapps/sync.war
    
  4. 新しいコマンドプロンプトを開いて展開したwar をインスタンスにコピーする。
    scp -i ./path/to/my_key_pair.pem ./path/to/extracted/sync.war centos@<インスタンスのパブリックDNS>:/home/centos/sync.war
    
  5. 先程のコマンドプロンプトに戻り、webapps フォルダにコピーする。
    sudo cp ./home/centos/sync.war /opt/sync/webapps/sync.war
    
  6. jetty サービスを開始する。
    sudo systemctl start jetty