CData JDBC Driver for Garoon 2019J - Online Help

ストアドプロシージャ

CData JDBC Driver for Garoon 2019J - Build 19.0.7404

ストアドプロシージャを使用することにより、データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData JDBC Driver for Garoon 2019J ストアドプロシージャ

Name Description
DownloadFile Download a specified file in a Request.

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7404.0