CData JDBC Driver for Garoon 2019J - Online Help

Code からの接続

CData JDBC Driver for Garoon 2019J - Build 19.0.7404

このセクションでは、JDBC DriverManager またはGaroonDataSource インターフェースに接続する方法について説明します。

DriverManager で接続

DriverManager クラスを使用して接続する場合、CData JDBC Driver for Garoon 2019J はJDBC 規則に従います。最初にGaroon ドライバークラスをロードします。次に、接続を作成します。

ドライバーのロード

JDBC 4.0仕様では、次の手順はオプションです。
Class.forName("cdata.jdbc.garoon.GaroonDriver");

接続の確立

静的なDriverManager クラスのgetConnection メソッドで接続文字列を指定します。接続文字列を"jdbc:garoon:" で始めます。一般的な接続文字列は以下のとおりです。

Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:garoon:User=myuseraccount;Password=mypassword;Url=http://subdomain.domain.com;");
または、Properties オブジェクトを使用して接続オプションを準備できます。Properties オブジェクトをDriverManager に渡します。
Properties prop = new Properties();
prop.setProperty("Property1","Value1");
prop.setProperty("Property2","Value2");
Connection conn = DriverManager.getConnection("jdbc:garoon:,");
  

GaroonDataSource クラスで接続

以下の例に示すように、GaroonDataSource クラスを使用してプールされた接続を作成できます。詳しくは、接続プール を参照してください。

次の例は、プールされたConnection オブジェクトをインスタンス化します。

GaroonDataSource ds = new GaroonDataSource("cdata.jdbc.garoon.GaroonDriver", "jdbc:garoon:UseConnectionPooling=true;User=myuseraccount;Password=mypassword;Url=http://subdomain.domain.com;"); 
Connection conn = ds.getConnection();

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7404.0