CData ODBC Driver for BigCommerce 2019J - Online Help

Access から

CData ODBC Driver for BigCommerce 2019J - Build 19.0.7354

CData ODBC Driver for BigCommerce 2019J を使用して、データをAccess テーブルにインポートしたり、リンクテーブルを作成することができます。

Access へのテーブルのインポート

Access にテーブルをインポートするには:

  1. リボンから[外部データ]->[ODBC データソース]を選択します。[ODBC データベース]ウィザードが開きます。ソースデータを現在のデータベースの新しいテーブルにインポートするオプションを選択します。
  2. [コンピュータデータソース]タブからCData BigCommerce データソースを選択します。
  3. Access にインポートするテーブルを選択します。

Access のデータのインポートは一度だけのインポートです; つまり、Access テーブルに行われた変更はメインデータソースに反映されません。また、その逆の場合も同様です。変更をデータソースに伝搬させるには、リンクテーブルを使用します。

Access のテーブルのリンク

Access のテーブルをBigCommerce のテーブルにリンクするには:

  1. リボンから[外部データ]->[ODBC データソース]を選択します。
  2. リンクテーブルを作成してデータソースにリンクするオプションを選択します。
  3. ウィザードの次のページで、[コンピュータデータソース]タブからCData BigCommerce データソースを選択します。

正しいデータソースを選択すると、テーブルの一覧が表示されます。ここで、Access でリンクテーブルとして使用するテーブルを選択できます。リンクテーブルは常に新しいデータを保持し、リンクテーブルに行われた変更はBigCommerce の基底のテーブルに反映されます。

Access の制限

Access からリンクモードで本製品 を使用する際は、いくつかの制限があります。以下でこれらについて説明します。

挿入:新しい行を挿入すると、すべてのフィールドに #deleted という値が入ってAccess に表示されることがあります。これは、挿入されたばかりの行をAccess が正しく選択できないためです。行は作成されており、リフレッシュすると確認できます。オプションとして、MaximumColumnSize を255未満に設定することもできます。これで、挿入された行をAccess が選択できるようになります。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0