CData ODBC Driver for BigCommerce 2019J - Online Help

ストアドプロシージャの実行

CData ODBC Driver for BigCommerce 2019J - Build 19.0.7354

次のコード例は、ストアドプロシージャを実行して結果を取得する方法を示しています。

ストアドプロシージャの呼び出し手順

sqlQuery 関数は、EXECUTE ステートメント で説明されているように、EXECUTE 構文でストアドプロシージャを呼び出すために使用できます。データのクエリ の場合と同様に、結果はsqlQuery から直接データフレームとして返されます。

results <- sqlQuery("EXECUTE SelectEntries CreatedById = 'Account'")
for (row in 1:nrow(results)) {
    cat(paste("result = ", results[row,]$result, "\n"))
}

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0