Power BI Connector for Apache Phoenix

Build 20.0.7654

CData Power BI Connector for Apache Phoenix

概要

CData Power BI Connector for Apache Phoenix は、Microsoft Power BI とのセルフサービス連携を提供します。コネクタは、[データを取得]ウィンドウから、Power BI のApache Phoenix データへのライブアクセスを容易にします。また、Apache Phoenix データを視覚化して分析するためのダイレクトクエリも提供します。

はじめに

Apache Phoenix データソースを作成し[データを取得]ウィンドウから接続する方法については、はじめに を参照してください。

コネクタのインストール では、コネクタをインストールするプロセスについて説明します。DSN の作成 では、ODBC DSN 構成を介して接続を確立するプロセスについて詳しく説明します。

Apache Phoenix からデータをロードまたは編集するには、データの取得 を参照してください。

データコネクタの使用

リアルタイムでApache Phoenix をクエリするレポートの作成については、コネクタの使用 を参照してください。

データのクエリ では、DirectQuery およびImport データアクセスモードを使用してデータをクエリする方法を説明します。データのビジュアライズ では、Power BI ビジュアライゼーションを作成して作業する方法を説明します。

事前設定されたクエリでコンテンツが決定される仮想テーブルを構築するには、カスタムビューの定義 を参照してください。仮想テーブルは、既存のテーブルメタデータから検出されます。

接続プロパティ

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654