CData SSIS Components for Apache Phoenix 2019J - Online Help

CData SSIS Components for Apache Phoenix 2019J

CData SSIS Components for Apache Phoenix 2019J - Build 19.0.7354

概要

CData SSIS Components for Apache Phoenix 2019J は、SSIS ワークフロー経由でSQL Server とApache Phoenix データの接続を実現します。コンポーネントにより、標準のSSIS データフローコンポーネントでApache Phoenix データに複雑な操作なしにアクセスができます。Apache Phoenix テーブルをSQL Server テーブルに接続および同期できます。

コンポーネントはデータへのアクセスの問題を解決し、セキュリティ機能、スマートキャッシング、バッチ処理、ソケットマネジメントなどを実現します。

主要機能

  • CRUD(作成(Create)、読み出し(Read)、更新(Update)、削除(Delete))をサポート。
  • Apache Phoenix データにリアルタイムにアクセス。
  • カスタム開発の必要なしでApache Phoenix データを統合。

はじめに

はじめに では、接続マネージャでの接続の確立変換元コンポーネントの使用 による行の選択、変換先コンポーネントの使用 による変更方法が示されています。他のアプリケーションからの接続については、Apache Phoenix データ連携ガイドおよびチュートリアルのリスト を参照してください。 利用可能なスキーマ情報についてはデータモデル を参照してください。

接続文字列オプション

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0