CData ODBC Driver for Apache Phoenix 2019J - Online Help

CData ODBC Driver for Apache Phoenix 2019J

CData ODBC Driver for Apache Phoenix 2019J - Build 19.0.7354

概要

CData ODBC Driver for Apache Phoenix 2019J を使用すると、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーションから直接Apache Phoenix データにリアルタイムにアクセスできます。ODBC 接続は、アプリケーションとデータを接続するための最も広くサポートされているインターフェースです。

本製品 により、ODBC 3.8 に準拠した標準のODBC ドライバーでApache Phoenix データに複雑な操作なしにアクセスができます。 本製品 はデータへのアクセスの問題を解決し、パワフルなセキュリティ機能、スマートキャッシング、バッチ処理、ソケットマネジメントなどを実現します。

主要機能

  • 双方向アクセス。
  • お好みのSQL ツールを使ったデータへのアクセス、分析、レポート。
  • 32ビットと64ビットアプリケーションをサポート。
  • Unicode ODBC API とODBC 3.8をサポート。
  • Windows、Linux、およびmacOS/OS X 用ドライバー。

はじめに

ODBC データソース名(DSN)を作成して、プラットフォームからApache Phoenix に接続する方法は、はじめに を参照してください。

ODBC ドライバー の使用

ODBC 経由で接続するいくつかの一般的なアプリケーションおよびプログラミング言語でODBC ドライバーを使用する方法については、ODBC ドライバーの使用(ツールから) を参照してください。次のプログラミング言語からApache Phoenix に接続する情報、およびサポートされているインターフェースについては、ODBC ドライバーの使用(コードから) を参照してください。

他のアプリケーションからの接続については、Apache Phoenix データ連携ガイドおよびチュートリアルのリストを参照してください。

接続文字列オプション

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0