CData Excel Add-In for USPS 2019J - Online Help

接続の確立

CData Excel Add-In for USPS 2019J - Build 19.0.7354

接続プロファイルの設定

接続ウィザードを起動するには、[取得元USPS]をクリックします。ここでは、接続の設定、接続のテスト、および接続プロファイルの保存を行うことができます。プロファイルを使用すると、接続について以下を制御できます。

  • ワークブックの共有

    簡単に共有できるスプレッドシートを作成するには、[ワークブックに保存]オプションを選択します。デフォルトでは、本製品 は接続を%APPDATA% フォルダのCData サブフォルダにある.rdc ファイルに保存します。

  • 読み出し/書き込みアクセス

    各接続の更新、削除、および挿入を有効化または制限します。

The CData Excel Add-In for USPS 2019J uses these pieces of information in order to authenticate its actions with the USPS service.

  • PostageProvider: The postage provider to use to process requests. Available options are ENDICIA and STAMPS. If unspecified, this property will default to ENDICIA.
  • UseSandbox: This controls whether live or test requests are sent to the production or sandbox servers. If set to true, the Password, AccountNumber, and StampsUserId properties are ignored.
  • StampsUserId: This value is used for logging into authentication to the Stamps servers. This value is not applicable for Endicia and is optional if UseSandbox is true.
  • Password: This value is used for logging into Endicia and Stamps servers. If the postage provider is Endicia, this will be the pass phrase associated with your postage account. It is optional if UseSandbox is true.
  • AccountNumber: The shipper's account number. It is optional if UseSandbox is true.
  • PrintLabelLocation: This property is required to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

The Cache Database

Many of the useful task available from USPS require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, the CData Excel Add-In for USPS 2019J utilizes a cache database to make these requests. You must set the cache connection properties in order to use the CData Excel Add-In for USPS 2019J:

  • CacheLocation: The path to the cache location, for which a connection will be configured with the default cache provider. For example, C:\users\username\documents\uspscache

As an alternative to CacheLocation, set the combination of CacheConnection and CacheProvider to configure a cache connection using a provider separate from the default.

関連項目

  • データのクエリ:[データ選択]ウィザードを使用してスプレッドシートにデータをプルします。また、ここではスケジュールされたデータのリフレッシュも設定できます。
  • Excel アドインの使用:利用可能なCData Excel 式 を使用するなど、USPS データとやりとりする他の方法が見つかります。
  • 接続の管理:既存の接続にアクセスするには、接続ウィザードで[編集]をクリックするか、CData リボンの[既存の接続]をクリックします。また、ワークブックの共有やユーザーアクセスの詳細についても、このセクションを参照してください。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0