BizTalk Adapter for MariaDB

Build 20.0.7654

接続文字列オプション

接続文字列オプション  

The connection string properties describe the various options that can be used to establish a connection.

アセンブリ

CData.BizTalk.MariaDBAdapter.dll

解説

The connection string can be set to a series of option=value strings separated by semicolons. If a connection string property value has special characters such as semicolons, single quotes, spaces, etc., then you must quote the value using either single or double quotes.

Connection options are case insensitive.

The Server and Port properties must be set to a MariaDB server. If IntegratedSecurity is set to false, then User and Password must be set to valid user credentials. Optionally, Database can be set to connect to a specific database. If not set, the 本製品 reports tables from all databases.

接続文字列オプション


以下に、現在のプロバイダ用に接続文字列で設定できるオプションの完全なリストを示します。詳細については、各リンクをクリックしてください。

DatabaseThe name of the MariaDB database.
Firewall Passwordプロキシベースのファイアウォールへの認証に使われるパスワード。
Firewall PortプロキシベースのファイアウォールのTCP ポート。
Firewall Serverプロキシベースのファイアウォールの名前もしくはIP アドレス。
Firewall Typeプロキシベースのファイアウォールで使われるプロトコル。
Firewall Userプロキシベースのファイアウォールに認証するために使うユーザー名。
Integrated SecurityWhether or not to authenticate with Windows authentication.
Locationテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを定義するスキーマファイルを格納するディレクトリへのパス。
Logfileログファイルの名前と場所を指定するファイルパス。
Log Modulesログファイルに含まれるコアモジュール。
Max Log File Countログファイルの最大ファイル数を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成され、最も古いログファイルが削除されます。
Max Log File Sizeログファイルの最大バイトサイズ(例えば、10MB)を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成されます。
Max Rowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
Passwordユーザーの認証で使用されるパスワード。
PortThe port of the MariaDB server.
Query Passthroughこのオプションは、クエリをMariaDB サーバーにas-is で渡します。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からMariaDB へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
ServerThe host name or IP address of the server.
SSH Client CertThe SSH client certificate store for SSH Client Authentication.
SSH Client Cert PasswordThe password for the SSH client certificate.
SSH Client Cert SubjectThe subject of the SSH client certificate.
SSH Client Cert TypeThe type of key store containing the SSH client certificate.
SSH PasswordThe SSH password.
SSH PortThe SSH port.
SSH ServerThe SSH server.
SSH Server FingerprintThe SSH server fingerprint.
SSH UserThe SSH user.
SSL Client CertSSL クライアント認証(2-way SSL)のためのTLS/SSL クライアント証明書ストア。
SSL Client Cert PasswordTLS/SSL クライアント証明書のパスワード。
SSL Client Cert SubjectTLS/SSL クライアント証明書の件名。
SSL Client Cert TypeTLS/SSL クライアント証明書を格納するキーストアの種類。
SSL Server CertTLS/SSL を使用して接続するときに、サーバーが受け入れ可能な証明書。
Tablesこのプロパティは、レポートされたテーブルを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Tables=TableA,TableB,TableC です。
TimeoutThe value in seconds until the connection timeout error is thrown.
User認証で使用されるMariaDB ユーザーアカウント。
Use SSHUse SSH.
Use SSLThis field sets whether SSL is enabled.
Viewsレポートされたビューを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Views=ViewA,ViewB,ViewC です。
Zero Dates To NullWhether or not to return Date and DateTime values consisting of all zeros as NULL.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654