CData Cmdlets for OFX 2019J - Online Help

SQL 準拠

CData Cmdlets for OFX 2019J - Build 19.0.7354

SELECT ステートメント

構文のリファレンスと例については、SELECT ステートメント を参照してください。

OFX API 機能の詳細については、データモデル を参照してください。

CACHE ステートメント

CACHE ステートメントは、本製品 のキャッシュ機能を細かく制御できます。構文のリファレンスと例については、CACHE ステートメント を参照してください。

キャッシング機能についての詳細は、データのキャッシュ を参照してください。

EXECUTE ステートメント

EXECUTE またはEXEC ステートメントを使用して、ストアドプロシージャを実行します。構文のリファレンスと例については、EXECUTE ステートメント を参照してください。

名前とかっこ

  • テーブルとカラムの名前は識別子名であると見なされます。このため、これらの名前には、次の文字のみを使用できます:[A-Z, a-z, 0-9, _:@]。
  • テーブルまたはカラムの名前に上記以外の文字を使用する場合は、SQL ステートメントではその名前を角かっこ ([name])で囲む必要があります。
  • パラメータ名の先頭にはオプションで@を付加できます(@p1、@CustomerName など)。パラメータ名をかっこで囲むことはできません。
  • 文字列は、一重引用符で囲む必要があります('John Doe'など)。

トランザクションおよびバッチ処理

トランザクションは、現在サポートされていません。

また本製品 では、SQL 構文のバッチ処理をサポートしていません。複数のコマンドを実行するには、複数のインスタンスを作成してそれぞれ個別に実行します。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0