CData JDBC Driver for OFX 2019J - Online Help

接続の確立

CData JDBC Driver for OFX 2019J - Build 19.0.7354

JDBC データソースの作成

Java アプリケーションから接続するJDBC データソースを作成できます。CData JDBC Driver for OFX 2019J に基づくJDBC データソースの作成は、3つの基本ステップで構成されます。

  • ドライバーのJAR ファイルをクラスパスに追加します。JAR ファイルはインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。.lic ファイルはJAR ファイルと同じフォルダ内に配置される必要があることに注意してください。
  • ドライバークラスを入力します。次に例を示します。
    cdata.jdbc.ofx.OFXDriver
  • JDBC URL を入力します。次に例を示します。
    jdbc:ofx:OFXUser=myUser;OFXPassword=myPassword;FIID=myFIID;
    
    or
    
    jdbc:cdata:ofx:OFXUser=myUser;OFXPassword=myPassword;FIID=myFIID;

    上記の2つ目の形式は、同じURL 形式を使用しているドライバー間でアプリケーションに競合がある場合は、CData ドライバーを使用していることを確認するために常に使用できます。URL は "jdbc:ofx:" または"jdbc:cdata:ofx:" のいずれかから始まり、任意の接続プロパティの名前と値のペアをセミコロン区切りで入力します。

Authentication セクションのOFXUser プロパティとOFXPassword プロパティに、有効なOFX ユーザー資格情報を設定する必要があります。これに加えて、金融機関に固有のFIURLFIOrganizationName、およびFIID を設定する必要があります。また、OFXVersionApplicationVersion、およびApplicationId を含む、アプリケーション固有の設定も必要です。

一部のサービスに接続するには、AccountIdAccountTypeBankIdBrokerIdCCNumber のような追加のアカウント情報が必要になります。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7354.0