Tableau Connector for SharePoint

Build 20.0.7711

接続の設定

コネクタには、Tableau の外部で接続設定を構築およびテストできるConnection Builder が付属しています。 また、Tableau の接続ダイアログにリストされていないオプションを提供するために使用できる接続文字列を作成することもできます。

Connection Builder の設定

Connection Builder にアクセスする方法は2つあります。

  • Windows では、スタートメニューの[CData SharePoint Tableau Data Connector]フォルダの下に[Connection Builder]というショートカットが表示されます。
  • また、ドライバーのインストールディレクトリ(デフォルトではC:/Program Files/CData/CData Tableau Connector for SharePoint)に移動し、lib ディレクトリで.jar ファイルを実行することによってもConnection Builder を開始できます。

Connection Builder では、接続プロパティに値を設定し、[接続テスト]ボタンをクリックして、その動作を確認することができます。 また、[クリップボードにコピー]ボタンを使用して、Tableau で使用する接続文字列をコピーすることもできます。

SharePoint への接続

グローバルSharepoint サイト内のすべてのLists およびDocuments を操作するには、URL をSite Collection に設定します。サイト内のLists およびDocuments のみを操作するには、URL を特定のサイトに設定します。

URLサンプルURL
サイトhttps://teams.contoso.com/teamA or https://teamA.contoso.com
サイトコレクションhttps://teams.contoso.com

URL の提供に加え、次の接続プロパティセットのどれかを使ってSharePoint に認証します。以下のように、デフォルト値を使用するとほとんどの環境で簡単に接続できます。

SharePoint Online への認証

SharePointEdition を"SharePoint Online" に設定し、User およびPassword をSharePoint へのログオンに使用するクレデンシャルに設定します。例えば、Microsoft Online Services アカウントへのクレデンシャルです。

次のSSO(シングルサインオン)ID プロバイダーもサポートされています:Azure Active Directory、OneLogin、およびOKTA。

  • SSO

    SharePoint Online でSSO を有効化している場合には、User およびPassword に加えて、UseSSO をtrue に設定します。

    もしユーザーアカウントのドメインがID プロバイダーに設定されたドメインと異なる場合には、SSODomain をID プロバイダーで設定されたドメインに設定します。 このプロパティは、AD FS、OneLogin、およびOKTA で必要な場合があります。

SharePoint On Premises への認証

以下の認証タイプを使用するには、SharePointEdition を"SharePoint OnPremise" に設定します。

  • Windows (NTLM)

    これは最も一般的な認証タイプです。そのため、connector はNTLM をデフォルトとして使用するように事前設定されています。Windows のUser およびPassword を設定して接続します。

  • Kerberos およびKerberos Delegation

    Kerberos を認証するには、AuthScheme をNEGOTIATE に設定します。必要があれば、User およびPassword を設定します。Kerberos Delegation を使う場合にAuthScheme をKERBEROSDELEGATION に設定します。

    KerberosKDCKerberosSPN、およびKerberosRealm では、Kerberos 認証のコンポーネントを制御できます。

  • Forms

    これにより、Active Directory の代わりにカスタム認証メソッドによる認証が可能になります。この認証タイプを使用するには、AuthScheme をFORMS に設定し、User およびPassword を設定します。

MSI 認証による認証

Azure VM 上でSharePoint を実行している場合は、Managed Service Identity(MSI)の資格情報を利用して接続が可能です。

  • AuthSchemeAzureMSI に設定。

MSI 資格情報が認証用に自動的に取得されます。

次のステップ

次の手順については、SharePoint API への認証を含むデータの取得 を参照してください。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7711