ODBC Driver for SharePoint

Build 20.0.7654

はじめに

CData ODBC Driver for SharePoint は標準ベースのODBC ドライバーです。macOS やLinux のようなWindows およびUnix ベースのオペレーティングシステム用のエディションがあります。以下のセクションでは、ODBC データソースの作成とデータのクエリを示します。

プラットフォーム上にDSN を作成

次のガイドでは、標準ツールを使用してデータソース名(DSN)を設定する方法を示しています。

  • Windows

    Windows DSN の構成 は、Microsoft ODBC アドミニストレーターツールでDSN を設定する方法を示します。

  • macOS

    macOS DSN の構成 は、iODBC ドライバーマネージャーでDSN を設定する方法を示します。

  • Linux

    macOS DSN の構成 は、Linux 上のいくつかの主要なドライバーマネージャーでDSN を設定する方法を示します。

SharePoint バージョンサポート

本製品 は、SOAP API をサポートするSharePoint のすべてのバージョンをサポートします。これには、Windows SharePoint Services 3.0、SharePoint Server 2007+ (2010, 2013, etc.)、およびSharePoint Online が含まれます。本製品 は、SharePoint のカスタムリストを双方向アクセス可能なテーブルとしてモデル化します。接続時に、本製品 はSharePoint Web サービスを呼び出してこれらのテーブルのメタデータを取得します。サポートされる認証スキーマはNTLM、Basic、Digest、Forms、Kerberos、SSO、STS (security token services)、およびSharePoint 認証クッキーです。

関連項目

ツールおよびコードからDSN に接続するには、以下のセクションを参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654