CData Python Connector for QuickBooks Online

Build 20.0.7587

OAuth Settings Location

InitiateOAuth がGETANDREFRESH、またはREFRESH に設定されているときの設定ファイルの場所。代わりに、memory:// で始まる値を指定することで、これをメモリに保持することができます。

データ型

string

デフォルト値

"%APPDATA%\\CData\\QuickBooksOnline Data Provider\\OAuthSettings.txt"

解説

InitiateOAuth がGETANDREFRESH またはREFRESH に設定されている場合、本製品 がOAuth 値を保存するため、ユーザーが手動でOAuth 接続プロパティを入力する必要がなくなり、接続やプロセス間でクレデンシャルを共有できるようになります。

ファイルパスを指定する代わりに、メモリストレージを使用することもできます。メモリの場所は、'memory://' で始まる値とそのクレデンシャルのセット(例:memory://user1)の一意の識別子を使用して指定します。識別子は何でも構いませんが、ユーザーに固有のものでなければなりません。ファイルベースのストレージとは異なり、プロセスが再開されたときに接続を設定できるように、メモリストレージとの接続を閉じるときは手動でクレデンシャルを格納する必要があります。OAuth プロパティ値は、sys_connection_props システムテーブルへのクエリで取得できます。複数の接続で同じクレデンシャルを使用している場合は、プロパティは最後に閉じられる接続から読み取られます。

指定しない場合、デフォルトの場所は"%APPDATA%\\CData\\QuickBooksOnline Data Provider\\OAuthSettings.txt" となり、%APPDATA%はユーザーのコンフィギュレーションディレクトリに設定されます:

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587