JDBC Driver for QuickBooks Online

Build 20.0.7587

Cache Metadata

このプロパティは、テーブルメタデータをファイルストアにキャッシュするかどうかを決定します。

データ型

bool

デフォルト値

false

解説

このプロパティを設定してクエリを実行すると、QuickBooks Online カタログのテーブルメタデータが設定されている場合にはCacheLocation で指定されたファイルストアに、設定されていない場合にはホームディレクトリにキャッシュされます。テーブルのメタデータの取得は、テーブルがはじめてクエリされた際に一度だけ行われます。

CacheMetadata を使用するタイミング

本製品 は、はじめてテーブルやビューを発見したときから2時間の間、メタデータをインメモリに自動的に保管します。そのため、CacheMetadata は一般的には必要ありません。CacheMetadata は、大量のメタデータを扱う場合でメタデータオペレーションのコストが高い場合や、短い接続を大量に行う場合などに役立ちます。

CacheMetadata を使用しないタイミング

  • 変化しやすいメタデータを扱う場合:テーブルのメタデータは、はじめにテーブルへの接続がなされた時に一度しか取得されません。それ以降の、新規、変更、削除されたカラムを取得するには、メタデータキャッシュを削除してリビルドする必要があります。よって、メタデータが頻繁に変更される場合には、インメモリキャッシュを使う方が便利です。
  • データベースにキャッシュする場合CacheMetadataCacheLocation でのみ使用可能です。CacheDriver およびCacheConnection プロパティで他のデータベースへのキャッシュが可能です。黙示的なキャッシュにはAutoCache を使ってください。もしくは、REPLICATE ステートメント または CACHE ステートメント で明示的なキャッシュが可能です。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587