JDBC Driver for QuickBooks Online

Build 20.0.7587

Cache Connection

キャッシュデータベースの接続文字列。このプロパティは、常に CacheProvider と一緒に使用します。両プロパティを設定すると、データをキャッシュするための CacheLocation のバリューセットがオーバーライドされます。

データ型

string

デフォルト値

""

解説

キャッシュデータベースは、CacheDriver およびCacheConnection プロパティに基づいて決定されます。キャッシュデータベースを使用するには、両方のプロパティが必須です。以下に、一般的なキャッシュデータベースの設定例を示します。キャッシュデータベースのドライバーの設定方法についての詳細は、CacheDriver を参照してください。

CacheConnection プロパティで指定された接続文字列は、基底のCacheDriver に直接渡されます。使用可能なプロパティについての詳細は、JDBC driver 固有のドキュメントを参照してください。アプリケーションのクラスパスにJDBC driver を含めてください。

Derby およびJava DB

本製品 はDerby へのキャッシュを簡略化します。CacheLocation プロパティを設定するだけで基本的な接続を確立できます。

あるいは、CacheDriverCacheConnection を使用してDerby への接続を手動で設定することもできます。次はDerby JDBC URL シンタックスです。

jdbc:derby:[subsubprotocol:][databaseName][;attribute=value[;attribute=value] ... ]
例えば、インメモリデータベースにキャッシュするには、次を使用します。
jdbc:derby:memory

SQLite

SQLite へキャッシュするにはSQLite JDBC ドライバーを使用できます。次はJDBC URL の構文です。

jdbc:sqlite:dataSource
  • Data Source:SQLite データベースファイルへのパス。または、:memoryの値を使ってインメモリにキャッシュします。

MySQL

インストールにはCData JDBC Driver for MySQL が含まれています。次にJDBC URL の例を示します。

jdbc:mysql:User=root;Password=root;Server=localhost;Port=3306;Database=cache
次は一般的な接続プロパティです。

  • Server:接続しようとするサーバーのIP アドレス、もしくはドメイン名。
  • Port:サーバーが起動しているポート名。
  • User:データベースへの認証のためのユーザー名。
  • Password:データベースへの認証のためのパスワード。
  • Database:データベース名。

SQL Server

Microsoft JDBC Driver for SQL Server のJDBC URL の構文は次のとおりです。

jdbc:sqlserver://[serverName[\instance][:port]][;database=databaseName][;property=value[;property=value] ... ]
次に例を示します。
jdbc:sqlserver://localhost\sqlexpress:1433;integratedSecurity=true
次は一般的なSQL Server 接続プロパティです。
  • Server:SQL Server を起動しているコンピューターのネットワークアドレス名。デフォルトインスタンスの代わりに名前付きインスタンスに接続する場合は、このプロパティを使ってホスト名およびインスタンスをバックスラッシュで区切って指定できます。
  • Port:SQL Server が起動しているポート。
  • Database:SQL Server データベース名。
  • Integrated Security:現在のWindows アカウントを認証に使用する場合は、このオプションをtrue に設定します。接続でUser とPassword を設定する場合は、このオプションをfalse に設定します。

    統合セキュリティを使用するには、Windows システムパス上のフォルダにsqljdbc_auth.dll も追加する必要があります。このファイルは、Microsoft JDBC Driver for SQL Server インストールのauth サブフォルダにあります。アセンブリのビット数はJVM のビット数と一致する必要があります。

  • User ID:SQL Server との認証に使われるユーザー名。このプロパティは、統合セキュリティを使用していない場合にのみ必要です。
  • Password:SQL Server との認証に使われるパスワード。このプロパティは、統合セキュリティを使用していない場合にのみ必要です。

Oracle

次はOracle JDBC Thin ドライバーの従来のJDBC URL シンタックスです。

jdbc:oracle:thin:[userId/password]@[//]host[[:port][:sid]]
次に例を示します。
jdbc:oracle:thin:scott/tiger@myhost:1521:orcl
次は一般的な接続プロパティです。
  • Data Source:Oracle データベースを識別する接続記述子。これは、TSN 接続記述子、接続記述子を決定するOracle Net Services 名、またはバージョン11g以降ではEasy Connect ネーミング(任意のポート名およびサービス名を持つOracle サーバーのホスト名)になります。

  • Password:Oracle データベースへの認証のためのパスワード。
  • User Id:Oracle データベースへの認証のためのユーザーID。

PostgreSQL

次は公式のPostgreSQL JDBC ドライバーのJDBC URL 構文です。

jdbc:postgresql:[//[host[:port]]/]database[[?option=value][[&option=value][&option=value] ... ]]
例えば、次の接続文字列はデフォルトホスト(localhost)およびポート(5432)上のデータベースに接続します。
jdbc:postgresql:postgres
一般的な接続プロパティは次のとおりです:
  • Host:PostgreSQL データベースをホストしているサーバーのアドレス。
  • Port:PostgreSQL データベースをホスティングしているサーバーに接続する際のポート。
  • Database:データベース名。
  • User Name:PostgreSQL データベースの認証用に提供されたユーザーId。"user" パラメータを使ってJDBC URL に指定できます。
  • Password:PostgreSQL データベースへの認証のためのパスワード。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587