JDBC Driver for Google Sheets

Build 20.0.7654

Stored Procedures

ストアドプロシージャを使用することにより、Spreadsheets のテーブルとしての使用 で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData JDBC Driver for Google Sheets Stored Procedures

Name Description
AddSheet 既存のGoogle スプレッドシートにワークシートを追加します。
CopySheet スプレッドシートから別のスプレッドシートにシートをコピーします。
CreateSchema 指定されたテーブルまたはビューのスキーマファイルを作成します。
CreateSpreadsheet ユーザーのGoogle Drive にスプレッドシートを作成します。
DeleteSheet 既存のGoogle スプレッドシート内のワークシートを削除します。
DeleteSpreadsheet スプレッドシートを削除します。
DownloadDocument ユーザーのGoogle Drive からファイルをダウンロードします。
FormatRange 特定の範囲のセルをフォーマットします。
GetOAuthAccessToken さまざまなGoogle サービスで認証で使用されるOAuth アクセストークンを取得します。
GetOAuthAuthorizationURL さまざまなGoogle サービスで認証で使用されるOAuth 認可URL を取得します。
RefreshOAuthAccessToken さまざまなGoogleサービスで認証で使用されるOAuthアクセストークンを取得します。
UpdateSheet 既存のGoogle スプレッドシートにワークシートを追加します。
UploadDocument ユーザーのGoogle Drive にファイルをアップロードします。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654