CData ODBC Driver for Salesforce 2019J - Online Help

Windows DSN の構成

CData ODBC Driver for Salesforce 2019J - Build 19.0.7362

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

Salesforce API への認証

Salesforce への接続に使用できる認証方法はいくつかあります。ログイン認証情報、SSO、およびOAuth です。

ログインおよびトークンでの認証

UserPassword をログイン資格情報に設定します。さらにSecurityToken を設定します。デフォルトではSecurityToken が必要ですが、信頼できるIP アドレスの範囲を許可することで、オプションにすることができます。

セキュリティトークンを無効にするには:

  1. Salesforce にログインして、[設定]セクションの[Quick Find]ボックスにNetwork Access を入力します。
  2. IP アドレスを信頼できるIP アドレスのリストに追加します。

セキュリティトークンを取得するには:

  1. Salesforce.com の[私の設定]->[個人用]->[私のセキュリティトークンのリセット]を開きます。
  2. [セキュリティトークンのリセット]をクリックします。トークンがE メールで送られます。
  3. SecurityToken 接続プロパティでセキュリティトークンを入力するか、Password に追加します。

Salesforce API への接続

デフォルトでは、本製品 は本番環境に接続します。Salesforce sandbox アカウントを使用するには、UseSandboxtrue に設定します。User にsandbox のユーザー名を指定してください。

 
 
Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 19.0.7362.0