CData Python Connector for Email

Build 20.0.7587

データのクエリ

接続 の手順で接続したら、接続のカーソルオブジェクトを使用してSQL ステートメントを実行できます。

クエリの実行

データを返すSQL ステートメントを実行するには、カーソルオブジェクトのexecute メソッドを使用します。クエリが実行されると、結果セットがカーソルからフェッチされます。この結果セットは、レコードを個別に処理するために反復処理を行うことができます。

import cdata.email as mod
conn = mod.connect("Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;")
cur = conn.cursor()
cur.execute("SELECT From, Subject FROM [INBOX]")
rs = cur.fetchall()
for row in rs:
	print(row)

パラメータ化されたクエリ

配列やタプルなどのさまざまなpython コレクションが、execute メソッドの追加引数として提供されています。これにより、実行されたクエリをパラメーター化し、SQL インジェクションを防ぐことができます。

import cdata.email as mod
conn = mod.connect("Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;")
cur = conn.cursor()
cmd = "SELECT From, Subject FROM [INBOX] WHERE Subject = ?"
params = ["Test"]
cur.execute(cmd, params)
rs = cur.fetchall()
for row in rs:
	print(row)

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587