CData Python Connector for Email

Build 20.0.7587

Other SQL Clauses

SQLAlchemy ORM は、ORDER BY、GROUP BY、LIMIT、OFFSET などSQL の他の句のサポートも公開しています。これらはすべて、このコネクタでサポートされています。

ORDER BY

以下の例は、セッションオブジェクトのquery() メソッドを使用して指定したカラムでソートします。

for instance in session.query([INBOX]).order_by([INBOX].AnnualRevenue):
	print("Id: ", instance.Id)
	print("From: ", instance.From)
	print("Subject: ", instance.Subject)
	print("---------")

あるいは、セッションオブジェクトのexecute() メソッドを使用してORDER BY を実行することもできます。

for instance in session.execute([INBOX]_table.select().order_by([INBOX]_table.c.AnnualRevenue)):

GROUP BY

以下の例は、セッションオブジェクトのquery() メソッドを使用して指定したカラムを持つレコードをグループ化します。

for instance in session.query(func.count([INBOX].Id).label("CustomCount"), [INBOX].From).group_by([INBOX].From):
	print("Count: ", instance.CustomCount)
	print("From: ", instance.From)
	print("---------")

あるいは、セッションオブジェクトのexecute() メソッドを使用してGROUP BY を実行することもできます。

for instance in session.execute([INBOX]_table.select().with_only_columns([func.count([INBOX]_table.c.Id).label("CustomCount"), [INBOX]_table.c.From])group_by([INBOX]_table.c.From)):

LIMIT およびOFFSET

以下の例は、最初の100レコードをスキップし、セッションオブジェクトのquery() メソッドを使用して次の25レコードをフェッチします。

for instance in session.query([INBOX]).limit(25).offset(100):
	print("Id: ", instance.Id)
	print("From: ", instance.From)
	print("Subject: ", instance.Subject)
	print("---------")

あるいは、セッションオブジェクトのexecute() メソッドを使用してLIMIT またはOFFSET を設定することもできます。

for instance in session.execute([INBOX]_table.select().limit(25).offset(100)):

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587