CData Python Connector for Email

Build 20.0.7587

はじめに

IMAP への接続

Wheel インストールでは、サポートされている環境で利用可能なWHL ファイルについて、および適切なWHL をpython ディストリビューションにインストールする方法について説明します。

IMAP への接続

接続の確立 は、インポートするモジュールを示し、接続文字列に必要な接続プロパティを設定する方法を示します。その他の利用可能な接続プロパティを使用して、コネクタ機能の他の側面を設定できます。

Python バージョンサポート

CData Python Connector for Email は、Anacondas を含むさまざまなPython 3.6 やPython 3.7 ディストリビューション(Mac はPython 3.8 に制限されています)にインストールして使用することができます。適切なWHL ファイルがインストールに使用されていれば、Windows およびLinux ディストリビューションの32-bit 版および64-bit 版の両方がサポートされています。

IMAP バージョンサポート

本製品 は標準IMAP およびPOP クライアントであり、SMTP サーバーです。本製品 は、アカウントのメールボックスを双方向連携が可能なテーブルにモデル化し、標準SQL によってメッセージを送信、移動、削除、および検索することを可能にします。

関連項目

  • コネクタの使用:Python コードで接続を確立しIMAP をクエリ。
  • SQLAlchemy から:SQLAlchemy を使用してdialect URL との接続を確立し、マッピングされたクラスとセッションを使用してIMAP データと対話。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587