JDBC Driver for Email

Build 20.0.7587

はじめに

IMAP への接続

接続の確立 は、IMAP への認証方法とJDBC URL に必要な接続プロパティの設定方法について示します。また、利用可能なConnection プロパティを使用して、データモデリングからファイヤーウォールトラバーサルまで、本製品 機能を設定することもできます。高度な設定セクションでは、より高度な設定を行う方法と、接続エラーのトラブルシューティングについて示します。

JDBC データソースへの接続

CData JDBC Driver for Email は、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEA、その他多くの統合開発環境、Java サーバ上で動作するTomcat のようなJ2EE アプリケーションなど、Java アプリケーションへの統合をフルサポートしています。JSP、コンソール、およびswing デモがインストールフォルダにあります。

Java バージョンサポート

ドライバーJAR ファイルのデプロイには、Java Development Kit (JDK) 1.6 以上がシステムにインストールされている必要があります。

IMAP バージョンサポート

本製品 は標準IMAP およびPOP クライアントであり、SMTP サーバーです。本製品 は、アカウントのメールボックスを双方向連携が可能なテーブルにモデル化し、標準SQL によってメッセージを送信、移動、削除、および検索することを可能にします。

関連項目

  • Connection オブジェクトの作成

    JDBC 接続オブジェクトを作成するには、Code からの接続 を参照してください。
  • コードからのデータのクエリ

    IMAP テーブルにSQL ステートメントを実行するには、ステートメントの実行プリペアドステートメントの使用 を参照してください。
  • Java ベースツールからの接続

    ツールからの使用 では、IMAP への接続の仕方、およびいくつかの一般的なデータベースツールからデータをクエリする方法について説明します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587