JDBC Driver for Email

Build 20.0.7587

主キー

getPrimaryKeys メソッドを使用すると、IMAP テーブルの主キーに関する情報を返すことができます。結果は、テーブル名に基づいて制限できます。

次のコード例は、[INBOX] テーブルの主キーを構成するカラムを出力します。

String connectionString = "jdbc:email:Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;";

Connection conn = DriverManager.getConnection(connectionString);
ResultSet rs = conn.getMetaData().getPrimaryKeys(null,null,"[INBOX]");
while(rs.next()){
  System.out.println(rs.getString("COLUMN_NAME"));
}

getPrimaryKeys メソッドは次のカラムを返します。

カラム名データ型説明
TABLE_CATStringテーブルカタログ。
TABLE_SCHEMStringテーブルスキーマ。
TABLE_NAMEStringテーブル名。
COLUMN_NAMEStringカラム名。
KEY_SEQshort外部キー内のシーケンス番号(1から始まるカラムインデックス)。
PK_NAMEString主キー名。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587