JDBC Driver for Email

Build 20.0.7587

Cache Driver

データのキャッシュで使用されるデータベースドライバー。

データ型

string

デフォルト値

""

解説

CData JDBC drivers を含むJDBC ドライバーが用意されている任意のデータベースにキャッシュできます。

キャッシュデータベースは、CacheDriver およびCacheConnection プロパティに基づいて決定されます。CacheDriver は、データのキャッシュに使用するJDBC ドライバークラスの名前です。

CacheDriver JAR ファイルをクラスパスに追加する必要があります。

次の例は、いくつかの主要なデータベースにキャッシュする方法を示しています。JDBC URL 構文および一般的な接続プロパティの詳細については、CacheConnection を参照してください。

Derby およびJava DB

本製品 はDerby 設定を簡略化します。Java DB は、Derby のOracle ディストリビューションです。JAR ファイルはJDK に同梱されています。JAR ファイル、derby.jar は、JDK インストールフォルダのdb サブフォルダに格納されています。ほどんどのキャッシュシナリオでは、derby.jar をクラスパスに追加した後、次のものだけを指定する必要があります。

jdbc:email:CacheLocation='c:/Temp/cachedir';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;
Derby JDBC URL をカスタマイズするには、CacheDriver およびCacheConnection を使用します。例えば、インメモリデータベースにキャッシュするには、次のようにJDBC URL を使用します。
jdbc:email:CacheDriver=org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver;CacheConnection='jdbc:derby:memory';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;

SQLite

次はSQLite JDBC ドライバーのJDBC URL です。

jdbc:email:CacheDriver=org.sqlite.JDBC;CacheConnection='jdbc:sqlite:C:/Temp/sqlite.db';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;

MySQL

次はCData JDBC Driver for MySQL のJDBC URL です。

  jdbc:email:Cache Driver=cdata.jdbc.mysql.MySQLDriver;Cache Connection='jdbc:mysql:Server=localhost;Port=3306;Database=cache;User=root;Password=123456';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;
  
CData JDBC Driver for MySQL は、CData JDBC Driver for Email インストールディレクトリの[lib]サブフォルダに配置されています。

SQL Server

次のJDBC URL はMicrosoft JDBC Driver for SQL Server を使用しています。

jdbc:email:Cache Driver=com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver;Cache Connection='jdbc:sqlserver://localhost\sqlexpress:7437;user=sa;password=123456;databaseName=Cache';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;

Oracle

次はOracle Thin Client のJDBC URL です。

jdbc:email:Cache Driver=oracle.jdbc.OracleDriver;CacheConnection='jdbc:oracle:thin:scott/tiger@localhost:1521:orcldb';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;
NOTE:9i より前のバージョンのOracle を使用している場合は、キャッシュドライバーは代わりにoracle.jdbc.driver.OracleDriver になります。

PostgreSQL

次のJDBC URL は公式のPostgreSQL JDBC ドライバーを使用しています。

jdbc:email:CacheDriver=org.postgresql.Driver;CacheConnection='jdbc:postgresql://localhost:5433/postgres?user=postgres&password=admin';Port=993;Server=imap.gmail.com;Password=password;User=user;Protocol=IMAP;SMTP Port=587;SMTP Server=smtp.gmail.com;

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587