BizTalk Adapter for Email

Build 20.0.7587

接続文字列オプション

接続文字列オプション  

接続文字列プロパティでは、接続を確立する際に使用できるさまざまなオプションを指定します。

アセンブリ

CData.BizTalk.EmailAdapter.dll

解説

接続文字列は、一連の「オプション=値」の文字列をセミコロンで区切って設定できます。接続文字列プロパティの値にセミコロン、一重引用符、スペースなどの特殊文字が含まれている場合は、一重引用符または二重引用符を使用して値を囲む必要があります。

接続オプションは、大文字・小文字の区別はありません。

テーブル、ビュー、およびストアドプロシージャが置かれているデータベースの場所を指定するには、Location プロパティを設定します。また、User およびPassword も設定する必要があります。データのキャッシュ は適切なオプションを設定することで有効化できます。

接続文字列オプション


以下に、現在のプロバイダ用に接続文字列で設定できるオプションの完全なリストを示します。詳細については、各リンクをクリックしてください。

Auto CacheSELECT クエリの結果を、 CacheLocation 、または&rpCacheConnection と CacheProvider の両方で指定されたキャッシュデータベースに自動的にキャッシュします。
Cache Connectionキャッシュデータベースの接続文字列。このプロパティは、常に CacheProvider と一緒に使用します。両プロパティを設定すると、データをキャッシュするための CacheLocation のバリューセットがオーバーライドされます。
Cache Locationキャッシュデータベースへのパスとファイル名を指定します。
Cache Metadataこのプロパティは、テーブルメタデータをファイルストアにキャッシュするかどうかを決定します。
Cache Providerデータのキャッシュに使用されるプロバイダーの名前。
Cache ToleranceAutoCache 使用時のキャッシュ内の失効データに対する許容範囲の秒数。
Email Service作業しているサービスとのIMAP 接続の最適化。
Firewall Passwordプロキシベースのファイアウォールへの認証に使われるパスワード。
Firewall PortプロキシベースのファイアウォールのTCP ポート。
Firewall Serverプロキシベースのファイアウォールの名前もしくはIP アドレス。
Firewall Typeプロキシベースのファイアウォールで使われるプロトコル。
Firewall Userプロキシベースのファイアウォールに認証するために使うユーザー名。
Include Messageメッセージbody 内容を含めるかどうか。
Is HTMLDetermines whether to return the MesssageBody as HTML or plain-text.
Keep Alive他の接続に渡って接続を維持するかどうかを決定します。
List Mailboxesすべてのメールボックスをリストするか、サブスクライブされたIMAP メールボックスのみをリストするか。IMAP Only。
Locationテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを定義するスキーマファイルを格納するディレクトリへのパス。
Logfileログファイルの名前と場所を指定するファイルパス。
Log Modulesログファイルに含まれるコアモジュール。
Max Items返すアイテムの最大数。
Max Log File Countログファイルの最大ファイル数を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成され、最も古いログファイルが削除されます。
Max Log File Sizeログファイルの最大バイトサイズ(例えば、10MB)を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成されます。
Max Rowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Offlineオフラインモードを使用して、ライブソースではなくキャッシュからデータを取得します。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
Password認証に使用されるE メールアカウントのパスワード。
PortE メールサーバーのポート。デフォルト値はIMAP では143、POP では110です。
Protocol接続するE メールサーバーのタイプ。
Proxy Auth SchemeProxyServer プロキシへの認証で使われる認証タイプ。
Proxy Auto Detectこれは、システムプロキシ設定を使用するかどうかを示します。これは他のプロキシ設定よりも優先されるため、カスタムプロキシ設定を使用するにはProxyAutoDetect をFALSE に設定する必要があります。
Proxy ExceptionsProxyServer 経由での接続が免除される宛先ホスト名またはIP のセミコロン区切りのリスト。
Proxy PasswordProxyServer プロキシへの認証に使われるパスワード。
Proxy PortProxyServer プロキシが起動しているTCP ポート。
Proxy ServerHTTP トラフィックをルートするためのプロキシのホストネームもしくはIP アドレス。
Proxy SSL TypeProxyServer プロキシへの接続時に使用するSSL タイプ。
Proxy UserProxyServer プロキシへの認証に使われるユーザー名。
Pseudo Columnsこのプロパティは、テーブルのカラムとして疑似カラムが含まれているかどうかを示します。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からIMAP へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
Serverメールサーバーの名前およびアドレス。
SMTP PortSMTP のサーバーポート(デフォルトは25)。
SMTP Serverメールサーバー(SMTP サーバー)の名前およびアドレス。
SSL ModeEmail サーバーに接続する際の認証メカニズム。
SSL Server CertTLS/SSL を使用して接続するときに、サーバーが受け入れ可能な証明書。
Support Enhanced SQLこのプロパティは、API から直接サポートされる範囲を超えるSQL 機能の拡張は、インメモリによるクライアントサイド処理を有効にすることで可能になります。
Tablesこのプロパティは、レポートされたテーブルを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Tables=TableA,TableB,TableC です。
Timeoutタイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。
UID ModeTrue に設定された場合、デフォルトのテンポラリーId ではなく、パーマネントメッセージId が使われます。
User認証に使用されるE メールアカウントのユーザー。
Viewsレポートされたビューを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Views=ViewA,ViewB,ViewC です。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587