Tableau Connector for OData

Build 20.0.7712

データモデル

CData Tableau Connector for OData は、OData エンティティをリレーショナルテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャにモデル化します。テーブル定義は、接続先のOData サービスから動的に取得されます。メタデータのあらゆる変更(カラムの追加や削除、データ型の変更など)は、再接続によってロードされます。

テーブル

connector は、サービスメタデータドキュメントで記述された書き込み可能なエンティティセットおよびシングルトンを双方向テーブル としてモデル化します。

ビュー

いくつかのOData エンティティは、ナビゲーションプロパティ 経由でのみアクセス可能です。デフォルトでは、connector はナビゲーションプロパティを別々のビューとしてモデル化します。この動作はNavigationPropertiesAsViews で無効にできます。 ナビゲーションプロパティのクエリについて詳しくは、ビュー を参照してください。

ストアドプロシージャ

Stored Procedures は、データソースのファンクションライクなインターフェースです。これらを使用して、データソース内の情報を検索、更新、および変更できます。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7712