Tableau Connector for OData

Build 20.0.7712

Kerberos KDC

ユーザーの認証で使用されるKerberos キー配布センター(KDC)サービス。

データ型

string

デフォルト値

""

解説

Kerberos のプロパティは、SPNEGO またはWindows 認証を使用する場合に使用されます。connector は、Kerberos KDC サービスにセッションチケットと一時セッションキーを要求します。Kerberos KDC サービスは、通常、ドメインコントローラーと同じコンピュータに置かれています。

Kerberos KDC が指定されていない場合、connector は、これらのプロパティを自動的に次の場所から検出しようとします。

  • KRB5 Config File (krb5.ini/krb5.conf): KRB5_CONFIG 環境変数が設定され、ファイルが存在する場合、connector は指定されたファイルからKDC を取得します。それ以外の場合は、OS に基づいてデフォルトのMIT ロケーションからの読み取りを試みます:C:\ProgramData\MIT\Kerberos5\krb5.ini (Windows) または/etc/krb5.conf (Linux)
  • Java システムプロパティ: システムプロパティjava.security.krb5.realm およびjava.security.krb5.kdc を使用します。
  • ドメイン名およびホスト: connector は、最終的な手段として、設定されているドメイン名およびホストからKerberos 領域およびKerberos KDC を推測します。
Note: Windows 認証は、JRE 1.6 以上でのみサポートされます。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7712