Cmdlets for OData

Build 20.0.7654

はじめに

OData への接続

接続の確立 は、OData への認証方法と必要な接続プロパティの設定方法について示します。また、利用可能なConnection プロパティを使用して、データモデリングからファイヤーウォールトラバーサルまで、本製品 機能を設定することもできます。高度な設定セクションでは、より高度な設定を行う方法と、接続エラーのトラブルシューティングについて示します。

PowerShell からの接続

CData Cmdlets PowerShell Module for OData を使って、簡単にPowerShell からOData と対話できます。cmdlet は、標準のPowerShell インターフェース およびライブデータへのSQL インターフェース を提供します。CData cmdlet を使用すると、標準のPowerShell オブジェクトを使用してOData を操作できます。cmdlet を相互にまたはパイプライン内の他のcmdlet につなぐことができます。cmdlet は、PowerShell デバッグストリームもサポートしています。

cmdlet によるデータ操作

Connect-OData cmdlet を使い始める方法については、接続の確立 を参照してください。返されたODataConnection オブジェクトを、データにアクセスするための他のcmdlet に渡すことができます。

  • Select-OData
  • Add-OData
  • Update-OData
  • Remove-OData

PowerShell からのSQL の実行

またInvoke-OData cmdlet で任意のSQL クエリを実行できます。

cmdlet によるデータの複製

Sync-OData cmdlet を使用してデータをキャッシュし、自動的にキャッシュを維持することができます。

ストリームからのデバッグ出力へのアクセス

PowerShell ストリームを通じてデバッグ出力を取得するには、エラーとログのキャプチャ を参照してください。

PowerShell バージョンサポート

標準のcmdlet は、PowerShell 2、3、4、および5 でサポートされています。

OData バージョンサポート

The 本製品 is a standard OData consumer that can read and write to OData 2.0, 3.0, and 4.0 services. The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, and NTLM, as well as SSL/TLS. The 本製品 also facilitates connecting to data sources that use the OAuth authentication standard.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654