Cmdlets for OData

Build 20.0.7654

Stored Procedures

ストアドプロシージャを使用することにより、データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData Cmdlets PowerShell Module for OData Stored Procedures

Name Description
CreateAssociation Creates an association between two entities based on a navigation property.
GetOAuthAccessToken サービスへの認証に使用される認証トークンを取得します。
GetOAuthAuthorizationUrl データソースから認可URL を取得します。認可URL を使用して、OAuth トークンを取得するために必要なベリファイアを生成できます。
GetSAPCSRFToken SAPに対する認証に使用されるCSRFトークンとCookieを返します。
ListAssociations Lists associations for a given table and navigation property.
ListNavigationProperties Lists navigation properties for a given table and the tables they are associated with. Navigation properties are used by the Association stored procedures.
RefreshOAuthAccessToken リフレッシュするトークンが渡された場合は、更新されたOAuthAccessToken を取得します。
RemoveAssociation Removes an association between two entities based on a navigation property.
Search 指定されたURLを使用してODataを検索します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654