Cmdlets for OData

Build 20.0.7654

Remove-OData Cmdlet

Parameters   Output Objects  

OData データを削除します。

Syntax

Remove-OData [parameters]

Remarks

Remove-OData コマンドレットを使って、SQL DELETE ステートメントに似た構文を用いてOData データを削除できます。

$conn = Connect-OData -User 'MyUser' -Password 'MyPassword' -URL 'http://myserver/myOrgRoot'
Remove-OData -Connection $conn -Table "Lead" -Id "1045625d-99ee-e011-a272-00155d01ad6b"
Where パラメータは主キーを指定するためにも使われます。
Remove-OData -Connection $conn -Table "exTable;" -Where "Id = 1045625d-99ee-e011-a272-00155d01ad6b"
主キーは、パイプライン上でコマンドレットに渡すこともできます。
Select-OData -Connection $conn -Table Lead -Where "FirstName = 'Bartholomew'" | Remove-OData

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654