Cmdlets for OData

Build 20.0.7654

AuthScheme Parameter (Connect-OData Cmdlet)

認証で使用されるスキーム。NTLM、BASIC、DIGEST、NONE、NEGOTIATE、およびSHAREPOINTONLINE が利用可能です。

Syntax

Connect-OData -AuthScheme string

Remarks

このフィールドは、Password およびUser とともに、OData サーバーに対して認証をするために使われます。デフォルト値はNONE です。

  • None:このサービスの認証は行いません。
  • AzureAD:Azure Active Directory OAuth 認証を実行する場合に設定。
  • Basic:HTTP Basic 認証を使う場合に設定。
  • Digest:HTTP Digest 認証を使う場合に設定。
  • Negotiate:AuthScheme がNEGOTIATE に設定された場合、本製品 は認証メカニズムをサーバーとネゴシエートします。Kerberos 認証を使いたい場合はAuthScheme をNEGOTIATE に設定します。
  • NTLM:認証にWindows クレデンシャルを使う場合に設定。
  • OAuth:OAuth 接続を確立する場合に設定。
  • SharePointOnline:SharePoint Online 認証を使う場合に設定。

This is a required parameter.

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654