ODBC Driver for OData

Build 20.0.7654

Linux DSN の構成

このセクションでは、以下のいくつかのLinux ディストリビューションでODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を説明します:Ubuntu のようなDebian ベースのシステム、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、CentOS、およびFedora のようなRed Hat Linux プラットフォーム。

Linux の最小バージョン

Red Hat ベースおよびDebian ベースシステムでサポートされる最小バージョンは以下のとおりです。

OSMin. Version
Ubuntu11.04
Debian7
RHEL6.9
CentOS6.9
Fedora13
SUSE12.1

ドライバー依存関係のインストール

必要な依存関係をインストールするには、次のコマンドをルートとしてまたはsudo で実行します。

  • Debian/Ubuntu:
    apt-get install libc6 libstdc++6 zlib1g libgcc1
  • RHEL/CentOS/Fedora:
    yum install glibc libstdc++ zlib libgcc

本製品 が必要とする対応ライブラリは以下のとおりです。

Debian/Ubuntu PackageRHEL/CentOS/Fedora PackageFile
libc6glibclinux-vdso.1
libc6glibclibm.so.6
libc6glibclibrt.so.1
libc6glibclibdl.so.2
libc6glibclibpthread.so.0
libc6glibclibc.so.6
libc6glibcld-linux-x86-64.so.2
libstdc++6libstdc++libstdc++.so.6
zlib1gzliblibz.so.1
libgcc1libgcclibgcc_s.so.1

ドライバーのインストール

標準のパッケージ管理システムを使用してドライバーをインストールできます。

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、次のコマンドをroot またはsudo で実行します。

dpkg -i /path/to/driver/setup/ODataODBCDriverforUnix.deb 

RPM パッケージ形式をサポートするシステムでは、次のコマンドをroot またはsudo で実行します。

rpm -ivh /path/to/driver/ODataODBCDriverforUnix.rpm 

ドライバーのライセンス

次のコマンドを実行して本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd /opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-odata/bin/
sudo ./install-license.x64 <key>

ドライバーマネージャー経由の接続

ドライバーマネージャーはドライバーをロードし、アプリケーションからドライバーに関数呼び出しを渡します。本製品 をドライバーマネージャーに登録して、ドライバーマネージャーのコンフィギュレーションファイルにDSN を定義する必要があります。

本製品 のインストールでは、本製品 をunixODBC ドライバーマネージャーに登録し、システムDSN を作成します。UnixODBC ドライバーマネージャーは、Python やその他多くのアプリケーションから使用できます。アプリケーションに別のドライバーマネージャーが組み込まれている可能性があります。

DSN の作成

unixODBC をインストールしてDSN を設定するには、unixODBC の使用 を参照してください。OBIEE、Informatica、およびSAS に接続するDSN を作成するには、DataDirect ドライバーマネージャーの使用 を参照してください。

OData への接続

接続するには、認証値に加えて、Url を有効なOData サービスルートURL に設定する必要があります。

また、CacheLocation を指定してOData 組織のメタデータを格納することもできます。これにより、CData ODBC Driver for OData は各接続でメタデータの要求を送信する必要がなくなります。

OData への認証

本製品 は、以下の認証スキームをサポートしています。

HTTP 認証スキーム

以下の一般的なHTTP 認証スキームがサポートされています。

  • None: 認証が不要な場合は、AuthScheme をNone に設定します。
  • Basic: Basic 認証がサポートされている場合は、AuthScheme をBasic に設定します。加えて、User およびPassword を設定します。
  • NTLM: Windows ユーザー資格情報を使用して、LAN でよく使用されるWindows 認証の一種です。この認証方法をサポートするには、AuthScheme をNTLM に設定します。また、Windows マシンから接続していない場合や、現在ログインしているユーザーアカウントを接続に使用しない場合は、UserPassword を設定します。
  • Digest: Digest 認証がサポートされている場合は、AuthScheme をDigest に設定します。加えて、User およびPassword を設定します。

Windows 認証

Kerberos 認証をサポートする方法については、Kerberos の使用 を参照してください。

OAuth による認証

AuthSchemeOAuth に設定します。認証方法については、OAuth 認証の使用 を参照してください。

AzureAD 認証

AzureAD は、Azure を経由するOAuth の形式です。AuthSchemeAzureAD に設定します。CData ODBC Driver for OData は既知のAzure URL を内部的に自動的に処理します。具体的には、AzureAD AuthScheme で指定する必要のないものは次のとおりです:

  • OAuthAccessTokenURL
  • OAuthAuthorizationURL
  • OAuthRefreshTokenURL
  • OAuthRequestTokenURL

この接続メソッドには、以下のような他の接続プロパティが必要な場合があります。

  • ScopeInitiateOAuth がGETANDREFRESH に設定されている場合は、資格情報の取得中にScope がMicrosoft に送信されるため、これを指定する必要があります。これはサービスによって異なりますが、一般的には、リソース(URL のhostname)とパーミッション名の組み合わせになります。例:https://host/user_impersonation
  • AzureADTenant:Microsoft ログイン中に認証する特定のAzure テナント。何も指定されていない場合は、common ログインエンドポイントを介したユーザーアカウントのデフォルトテナントが使用されます。接続する特定のリソースによっては正しくない場合があります。例えば、複数のテナントにアクセス可能なケースで、リソースが別々のテナントに格納されている場合です。

それ以外の場合は、手順はOAuth 認証の使用 ガイドと同じです。

SharePoint Online 認証

SharePoint Online 接続は、SharePoint Online cookie を取得することで確立できます。次の接続プロパティを指定して認証します。

  • AuthScheme SharePointOnline に設定。
  • User SharePoint Online ユーザーアカウントに設定。
  • Password SharePoint Online パスワードに設定。

OData 接続の確保

デフォルトでは、本製品 はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてSSLServerCert プロパティを参照してください。

OAuth 値のリフレッシュ

本製品 は、ブラウザベースのOAuth 認証交換中に取得されたテンポラリーOAuth アクセストークンをリフレッシュできます。デフォルトでは、本製品 は暗号化されたトークンを、DSN に対応するodbc.ini ファイルに保存します。System DSN の場合、このodbc.ini ファイルへのアクセスを制限できます。

トークンの自動交換を有効にするには、本製品 にシステムodbc.ini への書き込みアクセス権を与えます。または、OAuthSettingsLocation 接続プロパティを、ドライバーが読み書きアクセス権を持つ別のファイルパスに設定することもできます。

    OAuthSettingsLocation=/tmp/oauthsettings.txt
    

OAuth 認証の依存関係のインストール

OAuth 認証標準は、認証するユーザーにWeb ブラウザを使用したOData との通信を要求します。最初のOAuth インタラクションがドライバーがインストールされている同じマシン上で行われる場合(例えばデスクトップアプリケーションの場合)、本製品 はデフォルトブラウザを立ち上げるxdg-open プログラムにアクセスする必要があります。

この依存関係を満たすには、パッケージマネージャーに対応するパッケージをインストールします。

Debian/Ubuntu PackageRHEL/CentOS/Fedora PackageFile
xdg-utilsxdg-utilsxdg-open

ドライバーエンコーディングの設定

ODBC ドライバーは、ODBC ドライバーマネージャーで使用するエンコーディングを指定する必要があります。デフォルトでは、Unix 用のCData ODBC ドライバーはunixODBC と互換性のあるUTF-16 を使用するように設定されていますが、他のドライバーマネージャーでは代替エンコーディングが必要な場合があります。

また、ANSI ODBC API を使用するアプリケーションからODBC ドライバーを使用している場合は、ANSI コードページを設定する必要があります。例えば、ANSI アプリケーションに日本語の文字をインポートするには、設定ファイル'/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-odata/lib/cdata.odbc.odata.ini' でコードページを指定できます。

[Driver]
AnsiCodePage = 932

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654