CData Python Connector for Cassandra

Build 20.0.7587

Batch Processing

このpython コネクタは、データソースに書き込むバッチ処理も実行できます。これは、カーソルオブジェクトのexecutemany() メソッドを使用して行います。SQL ステートメント文字列に加えて、値のデータフレームを、SQL ステートメントを実行するための一連のパラメーターとして提供する必要があります。通常の書き込み操作と同様に、このステートメントはプロバイダによって直ちに実行されるため、接続のcommit() メソッドの呼び出しは不要です。

Insert

次の例では、テーブルに複数の新しいレコードを追加します。

import cdata.cassandra as drv
conn = drv.connect("Database=MyCassandraDB;Port=9042;Server=127.0.0.1;")
cur = conn.cursor()
cmd = "INSERT INTO Account (Id, Name) VALUES (?, ?)"
params = [["Jon Doe", "John"], ["Jon Doe", "John"]]
cur.executemany(cmd, params)
print("Records affected: ", cur.rowcount)

Update

次の例では、テーブル内の複数の既存のレコードを変更します。

import cdata.cassandra as drv
conn = drv.connect("Database=MyCassandraDB;Port=9042;Server=127.0.0.1;")
cur = conn.cursor()
cmd = "UPDATE Account SET Name = ? WHERE Id = ?"
params = [["John", "1"], ["John", "1"]]
cur.executemany(cmd, params)
print("Records affected: ", cur.rowcount)

Delete

次の例では、テーブルから複数の既存のレコードを削除します。

import cdata.cassandra as drv
conn = drv.connect("Database=MyCassandraDB;Port=9042;Server=127.0.0.1;")
cur = conn.cursor()
cmd = "DELETE FROM Account WHERE Id = ?"
params = [["1"], ["1"]]
cur.executemany(cmd, params)
print("Records affected: ", cur.rowcount)

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587