Power BI Connector for Cassandra

Build 20.0.7587

DSN の作成

このセクションでは、DSN 設定の編集方法と、Cassandra API へ認証および接続について説明します。

DSN 設定の編集

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください(コネクタのインストール 参照)。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. Power BI Desktop インストールのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

サーバーへの接続

Server およびDatabase 接続プロパティを設定し、Cassandra に接続します。

分散システムに接続するには、Server をサーバーとポートをコロンで区切ったカラム区切りリストに設定します。ConsistencyLevel の設定も必要です。

次のセクションでは、認証の接続プロパティ、セキュリティ、およびデータアクセスについて詳しく説明します。システムへの接続をさらに制御する必要がある場合は、高度な設定 を参照してください。

Cassandra API を使用したCosmosDB への接続

Cassandra API を使ってCosmos DB アカウントに接続するために必要な接続文字列を取得するには、Azure Portal にログインして[Azure Cosmos DB]を選択し、自分のアカウントを選択します。[Settings]セクションで、[Connection String]をクリックして次の値を設定します。

  • Server:Host 値(アカウント用にプロビジョニングされたサーバーのFQDN)に設定。ポートもここで指定できます。またはPort で指定します。
  • Port:ポートに設定。
  • Database:読み書きするデータベースに設定。
  • User:Cosmos DB アカウント名。
  • Password:Cosmos DB アカウントに関連付けられているアカウントキー。
  • UseSSL: True に設定。

Cassandra 接続の確保

UseSSL を設定すると、接続時にSSL/TLS 暗号化をネゴシエートできます。 デフォルトでは、本製品 はサーバーの証明書をシステムの信頼できる証明書ストアと照合してSSL/TLS のネゴシエーションを試みます。別の証明書を指定するには、利用可能なフォーマットについてSSLServerCert プロパティを参照してください。

Cassandra への認証

The 本製品 supports Basic authentication with login credentials and the additional authentication features of DataStax Enterprise (DSE) Cassandra.The following sections detail connection properties your authentication method may require.

You need to set AuthScheme to the value corresponding to the authenticator configured for your system.You specify the authenticator in the authenticator property in the cassandra.yaml file.This file is typically found in /etc/dse/cassandra. or through the DSE Unified Authenticator on DSE Cassandra.

Basic 認証

Basic authentication is supported through Cassandra's built-in default PasswordAuthenticator.

  • Set the AuthScheme property to 'BASIC' and set the User and Password properties.
  • In the cassandra.yaml file, set the authenticator property to 'PasswordAuthenticator'.

Kerberos Authentication

Kerberos authentication is supported through DataStax Enterprise Unified Authentication.

  • Set the AuthScheme property to 'KERBEROS' and set the User and Password properties.
  • Set the KerberosKDC, KerberosRealm, and KerberosSPN properties.
  • In the cassandra.yaml file, set the authenticator property to "com.datastax.bdp.cassandra.auth.DseAuthenticator".
  • Modify the authentication_options section in the dse.yaml file, specifying the default_schema and other_schemas properties as 'kerberos'.
  • Modify the kerberos_options section in the dse.yaml file, specifying the keytab, service_principle, http_principle and qop properties

LDAP 認証

LDAP authentication is supported through DataStax Enterprise Unified Authentication.

  • Set the AuthScheme property to 'LDAP' and set the User and Password properties.
  • In the cassandra.yaml file, set the authenticator property to "com.datastax.bdp.cassandra.auth.DseAuthenticator".
  • Modify the authentication_options section in the dse.yaml file, specifying the default_schema and other_schemas properties as 'ldap'.
  • Modify the ldap_options section in the dse.yaml file, specifying the server_host, server_port, search_dn, search_password, user_search_base, and user_search_filter properties

PKI の使用

You can specify a client certificate to authenticate the 本製品 with SSLClientCert, SSLClientCertType, SSLClientCertSubject, and SSLClientCertPassword.

次のステップ

次の手順については、データの取得 を参照してください。作業したいデータへの接続について説明します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587