ODBC Driver for Cassandra

Build 20.0.7587

カスタムスキーマ定義

自動スキーマディスカバリー に加え、本製品 ではCassandra オブジェクトのスキーマを統計的に定義することができます。次のスキーマを考え、ネストプロパティをそのカラムとして取得してみましょう:

{
  id: 12,
  name: "Lohia Manufacturers Inc.",
  address: {street: "Main Street", city: "Chapel Hill", state: "NC"},
  offices: ["Chapel Hill", "London", "New York"]
  annual_revenue: 35,600,000
}
{
  id: 15,
  name: "Piago Industries",
  address: {street: "Main Street", city: "Durham", state: "NC"},
  offices: ["Durham", "San Francisco"]
  annual_revenue: 42,600,000
}

カスタムスキーマ定義

ネストプロパティを取得するカスタムスキーマを定義することができます。Location プロパティをスキーマファイルを格納するファイルディレクトリに設定します。

次のスキーマは別の方法を使っています。other:periodpath プロパティで特定のカラムのデータがどこから取得されるかを定義します。このモデルを使って、階層構造のアービトラリーレベルをフラット化することができます。

テーブル属性がパースするテーブルを特定します。テーブル属性は同じテーブルに対して複数のスキーマを使うフレキシビリティを与えます。テーブルが指定されない場合は、ファイル名がパースされるテーブルを決定します。


<rsb:script xmlns:rsb="http://www.rssbus.com/ns/rsbscript/2">  
<rsb:info title="Customers" description="Customers">  
  <!-- Column definitions -->  
  <attr name="Id"              xs:type="int" key="true"                                     />
  <attr name="Name"            xs:type="string"                                             />
  <attr name="Street"          xs:type="string"           other:periodpath="address.street" />
  <attr name="City"            xs:type="string"           other:periodpath="address.city"   />
  <attr name="PrimaryOffice"   xs:type="string"           other:periodpath="offices.0"      />
  <attr name="SecondaryOffice" xs:type="string"           other:periodpath="offices.1"      />
</rsb:info>

<rsb:set attr="table" value="customers"/>

</rsb:script>

カスタムスキーマ例 では、上の例を含む完全なスキーマを確認できます。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587