CData Python Connector for Amazon Marketplace

Build 20.0.7745

データモデル

CData Python Connector for Amazon Marketplace は、Amazon Marketplace オブジェクトをリレーショナルテーブルおよびビューとしてモデル化します。 Amazon Marketplace オブジェクトは他のオブジェクトとリレーションを持ちます。テーブルでは、これらのリレーションは外部キーを使用して表されます。 次のセクションでは、利用可能なAPI オブジェクトを示し、Amazon Marketplace API へのSQL の実行について詳しく説明します。

ほとんどのデータベースオブジェクトのスキーマは、シンプルなテキストベースのコンフィギュレーションファイルで定義されます。

本製品 は、Amazon Marketplace API にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。 本製品 がクライアントサイドのインメモリ処理でAPI 制限を回避する方法の詳細については、SupportEnhancedSQL を参照してください。

Using Reports

Created reports can be exposed as views by setting IncludeReports connection property to true. Reports can be created with the RequestReport stored procedure. After a report has been created and finished processing with a status _DONE_ it will be exposed as a view with the name "Report{ReportType}{ReportID}". Only Tab-Delimited reports can be used as views. You can get a full list of reports by following the link: Report Types A full list of created reports and their statuses can be retrieved by querying the ReportRequestList view. In order to avoid api throttling it is suggested to use CreateSchema stored procedure to create report table schemas.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7745