SSIS Components for Yahoo Shopping

Build 20.0.7587

カスタムクレデンシャル

カスタムOAuth アプリを使用するタイミング

すべてのケースでカスタムOAuth アプリの作成が必須です。

カスタムOAuth アプリでのデスクトップ認証

下記の手順に従って、カスタムOAuth アプリの資格情報を使用して認証します。カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。

OAuth アクセストークンの取得およびリフレッシュ

次を設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • CallbackURL:アプリの登録時に定義されたリダイレクトURL に設定。
  • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 交換の繰り返しや、手動でのOAuthAccessToken 設定を避けられます。
  • SellerId:Yahoo Shopping のSellerID を設定。

接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。 本製品 はこれでOAuth プロセスを完了します。

  1. コールバックURL からアクセストークンを取得し、リクエストを認証します。
  2. アクセストークンの期限が切れたときにはリフレッシュしてください。
  3. OAuthSettingsLocation にOAuth 値を保存し、接続の間に維持されるようにします。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7587